2020年度 物理学特別講義第三十五   Special Lectures in Physics XXXV

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
物理学コース
担当教員名
田中 雅臣  河合 誠之 
授業形態
講義
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
PHY.P575
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2020年11月23日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

宇宙における爆発現象の理論と観測

恒星物理学に関して、特に超新星爆発や中性子星合体など宇宙における爆発現象に注目して、理論と観測の両面から解説する。
理論面では、星の進化を概観した後、超新星爆発・中性子星合体といった爆発現象の物理と、そこから期待される輻射について解説する。
観測面では、恒星の基本的な観測量と恒星の性質の関係、突発天体の観測データから引き出す方法、時間領域天文学の手法などについて論じる。

到達目標

(1) 恒星進化の概要、(2) 超新星爆発や中性子星合体の物理と観測的性質、
(3) 宇宙における元素の起源について理解を深めることを目標とする。

キーワード

恒星進化、超新星爆発、中性子星、重力波、元素の起源

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

Zoom講義

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 宇宙における爆発現象 概論 Given at the lecture
第2回 恒星の性質と進化 Given at the lecture
第3回 超新星爆発のメカニズム Given at the lecture
第4回 爆発現象からの電磁波放射 Given at the lecture
第5回 超新星爆発の観測 Given at the lecture
第6回 中性子星合体の観測 Given at the lecture
第7回 宇宙における元素の起源 Given at the lecture

教科書

特になし

参考書、講義資料等

「シリーズ現代の天文学 恒星」 野本憲一 編、日本評論社
An Introduction to the Theory of Stellar Structure and Evolution (Dina Prialnik, Cambridge University Press)
Supernovae and Nucleosynthesis (David Arnett, Princeton University Press)

成績評価の基準及び方法

レポート課題

関連する科目

  • PHY.F352 : 宇宙物理学

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ