本文メニューサイト内検索

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

電磁気学I

Electricity and Magnetism I

講義概要

クーロンの法則からマクスウェルの方程式に至る電磁気学の基本体系を電磁気学I(前期)とII(後期)で講義するが,最初の電磁気学Ⅰでは,このうちベクトル演算から始め,主に静電界の方程式とその解を学ぶ.

講義の目的

ガウスの定理をはじめとするベクトル演算を用いた公式を理解し,これらを利用した静電界の方程式を使用できるようになってもらうこと,また,導体と誘電体を含む系の電界分布および電界エネルギーを理解してもら ...

シラバス更新日:2013年4月8日
講義資料更新日:2013年7月19日

詳しく見る

解析力学

Classical Mechanics

講義概要

数学的に洗練されより一般性の高い形にニュートン力学を書き直したものが解析力学であり、ラグランジュ形式とハミルトン形式に大別される。解析力学により問題を効率的に解くことができるようになるだけではなく ...

講義の目的

本講義ではラグランジュ形式ならびにハミルトン形式の力学における以下の項目を習得することを目的とする。

シラバス更新日:2015年3月30日
講義資料更新日:2015年7月31日

詳しく見る

AOTULE_100307.wmv

学部名

工学部

動画

量子力学第一

Quantum Mechanics I

講義概要

I 量子力学の基礎、主に1次元の運動の量子論的取り扱いについて学ぶ。
II 1.シュレディンガー方程式 2.量子力学の基本仮定と確率解釈 3.物理量と演算子
4. 箱型ポテンシャルによる束縛状態 5.ポテ ...

講義の目的

1.量子力学第一では主に1次元の運動をする粒子を扱います。
2.量子力学第一は量子力学の基礎付けを行うところです。量子力学の基本的な概念や考え方をマスターすることをもっとも大きな目標とします。

シラバス更新日:2012年11月15日
講義資料更新日:2012年11月15日

詳しく見る