2024年度 日本企業・産業研究 II   Study on Japanese Companies and Industries II

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
広域教養科目
担当教員名
森川 淳子  小林 覚  中村 恭志  若林 整  佐々木 広  澤田 茉伊  増山 貴明  高 法剛  Kafle Ved Prasad  落合 克哉  川上 裕子  アルベアレジンクロエ  Wang Manna  望月 省吾 
授業形態
演習    (対面型)
メディア利用科目
曜日・時限(講義室)
水7-8(W9-326(W935))  
クラス
-
科目コード
LAW.X419
単位数
1
開講年度
2024年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2024年3月25日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

 本講義は、日本においてインターンシップや就職を考えている留学生を主たる対象としており、種々の産業界から異なる職種に就いている講師を招き、日本の会社や産業会全般の概要、使用言語等の就労環境、求められるコミュニケーション力についての講義を受ける。
 本講義の目的は、日本企業、産業に関する情報を学生に提供し、希望する企業や産業において必要とされるコミュニケーション力を身に着けるための自己学習の動機づけを行うことである。

到達目標

 講義や会社訪問での学習、情報収集を通して、学生が希望する職種でのインターンシップや就労の際に求められる言語能力、コミュニケーション力を習得するための目標を設定し、自己学習計画を立てる。

キーワード

コミュニケーション力、日本企業、キャリア研究

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

 日本のさまざまな企業と産業に関連する6回の講義を受ける。毎回の講義の最後に小テストに回答し、提出する。希望者は各講師に相談し、許可を得た上で会社訪問を行うことができる。最終レポートとして、自らが希望する職種でのインターンシップや就労の際に求められる言語能力、コミュニケーション力を習得するための目標を設定し、自己学習計画を立てる。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ・ガイダンス ・日本企業や産業界についての講義(例えば、材料産業、化学産業、機械製造業、情報通信業、 エネルギ産業、建設業、サービス業) ・企業訪問(希望者のみ) 各回の講師、講義タイトルはT2SCHOLAに公開する ・本コースの目的の理解 ・日本企業のビジネスモデル、産業界についての理解 ・日本企業の就業環境、求められる専門力、コミュニケーション力、言語能力等の理解 ・希望就職、職種の設定とそれに向けた、コミュニケーション力習得のための自己学習プランの作成

教科書

特になし

参考書、講義資料等

講義資料はT2SCHOLAを介して配布する

成績評価の基準及び方法

講義参加、小テスト(70%)、最終レポート(30%)

関連する科目

  • LAW.X418 : 日本企業研究とコミュニケーションスキルⅠ

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

小林覚 (kobayashi.s.be{at}m.titech.ac.jp)

オフィスアワー

質問等はe-mailで受け付けます

このページのトップへ