2021年度 生涯ウェルネス実習 D1   Advanced Wellness Exercise D1

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
広域教養科目
担当教員名
石川 国広 
授業形態
   (ZOOM)
曜日・時限(講義室)
火5-6(W371)  
クラス
D1
科目コード
LAW.W131
単位数
1
開講年度
2021年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2021年9月7日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

講 義 名 【 トレーニング(Zoom)】
1)Zoomを利⽤して、限られた空間でもできるトレーニングを紹介します。
2)⽣活に制約のある中でも、「体を動かすこと」や「学⽣相互の関わり」を⼤切にして、「メンタルヘルスの保持・増進」を⽬指します。

到達目標

心身の健康と体力の維持増進に必要な実践知識を修得し,自ら健康管理できるようになる.
基本技術を習得し,ゲームの中で基本技術が正確に発揮できるようになり,そのスポーツ種目を楽しむことができるようになる。
その種目が生涯スポーツの一つとして,健康の維持・増進に活用できる
「身体知」を体感・理解するとともに,場の活性化に貢献することを目指す.
開講種目については、www.wn.ila.titech.ac.jpに掲載してあります。
履修方法についてはwww.wn.ila.titech.ac.jpに掲載してある「実習科目履修手続フローチャート」を参照にして下さい。

キーワード

スポーツ,健康,技術,身体知

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

オンライン授業・対面授業の実施については、大学の実施方針に沿って行います(例:午前中はオンライン授業、午後は対面授業など)。授業の実施方法は、変更になる場合がありますので、大学の教務課・ウェルネスのホームページ等を定期的にチェックするようにして下さい。種目によっては、参加人数を制限する場合があります。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ガイダンス ガイダンス内容の把握、記録用紙の活用法。 基本的な知識およびスキルの理解。
第2回 現在の身体の状態をモニタリングする 有酸素運動と無酸素運動を組み合わせる(1)
第3回 動作を丁寧に実施する 有酸素運動と無酸素運動を組み合わせる(2)
第4回 自分の身体の反応をみる トレーニングの方法のバリエーションを増やす
第5回 体幹を鍛える 有酸素運動と無酸素運動を組み合わせる(3)
第6回 効果的なトレーニングを追及する トレーニングのプログラムの構成を検討する
第7回 正確な動作を繰り返す トレーニングの方法のバリエーションを増やす

教科書

なし

参考書、講義資料等

必要に応じて配布。

成績評価の基準及び方法

コミットメント点:40点,技能点:20点,理解点:20点, 実践点:20点として評価

関連する科目

  • LAW.W101 : 健康科学概論
  • LAW.W111 : 健康科学演習
  • LAW.W121 : ウェルネス実習
  • LAW.W221 : 生涯スポーツ実習

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件は設けない
開講種目については、www.wn.ila.titech.ac.jpに掲載してあります。
履修方法についてはwww.wn.ila.titech.ac.jpに掲載してある「実習科目履修手続フローチャート」を参照にして下さい。

その他

用具は準備されています。初心者でも受講できます。
服装はスポーツを行うのにふさわしい服及びシューズを各自準備すること。
目的に応じて必要とされるトレーニング・プログラムは異なります。本授業で自分が理想とする身体づくりを目指し、生活に刺激を与えましょう。

※ 感染状況によっては、オンライン授業に変更になることがあります。

このページのトップへ