2019年度 異文化協働とリーダーシップ   Multicultural Collaboration and Leadership

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
広域教養科目
担当教員名
太田 絵里  村上 理映  NGUYEN DUNG MINH 
授業形態
演習     
曜日・時限(講義室)
-
クラス
-
科目コード
LAW.X429
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2019年8月9日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

グーグルジャパンに勤務する本学の卒業生を講師とし,講義,自己分析,実践,事例研究,グループワーク等を通じてグローバルな環境で活動するために必要なマインドセット,スキルを学びます。

到達目標

本講義への参加により,以下を目指す。
- 自身の強み,特別な価値観を知り,チームの中でそれらを活用する方法を学ぶ。
- 無意識の偏見を理解しチームの中でそれらを払拭する方法を学ぶ。
- 多様性の重要さを理解し,チーム内で活用する方法を学ぶ。
- 異文化・分野横断の環境の中でのコミュニケーションと協働のスキルを身に着ける。

キーワード

リーダーシップ,チームワーク,協働,コミュニケーション,自己開発

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

履修生は,講義参加前に,日本企業とグローバル企業でそれぞれ働く際の違いについて考察する。講義中は積極的に討議,実践演習,グループワークに参加し,最終グループ発表を行う。講義後にコースの振り返りについてのレポートを提出する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 9/17 (火): 10:45-12:15 自身の強みの理解 講義とディスカッション,質疑応答への参加
第2回 9/17(火): 13:20-14:50 自身の強みの理解 実践 自身の強みを理解する。 グループワーク
第3回 9/18 (水):10:45-12:15 無意識の偏見の克服 講義とディスカッション,質疑応答への参加
第4回 9/18(水): 13:20-14:50 異文化/グローバルな環境下での無意識の偏見の克服 研修・実践
第5回 9/20 (金): 10:45-12:15 多様性 講義とディスカッション,質疑応答への参加
第6回 9/20 (金): 13:20-14:50 多様性に対する事例研究 事例研究とグループワーク
第7回 9/25(水): 10:45-12:15 異文化/グローバルな環境下でのコミュニケーションと協働 講義とディスカッション,質疑応答への参加
第8回 9/25(水): 13:20-14:50 グループワーク最終発表 グループワーク最終発表

教科書

その都度資料を提供

参考書、講義資料等

- The Culture Map (INTL ED): Decoding How People Think, Lead, and Get Things Done Across Cultures Paperback – International Edition, January 5, 2016 by Erin Meyer
- Do You Know How to Have a Strengths Conversation?, The Huffington Post, https://www.huffingtonpost.com/michelle-mcquaid/do-you-know-how-to-have-a_b_7516138.html
- Developing Employees’ Strengths Boosts Sales, Profit, and Engagement, Harvard Business Review, https://hbr.org/2016/09/developing-employees-strengths-boosts-sales-profit-and-engagement
- How to Play to Your Strengths, Harvard Business Review, https://hbr.org/2005/01/how-to-play-to-your-strengths
- Managing Unconscious Bias at Facebook, https://managingbias.fb.com/
- Unbiasing Guides at Google, https://rework.withgoogle.com/subjects/unbiasing/
- Diversity Matters, McKinsey & Company, 2015, https://assets.mckinsey.com/~/media/857F440109AA4D13A54D9C496D86ED58.ashx
- Cedric Herring, “Does Diversity Pay?: Race, Gender, and the Business Case for Diversity,” American Sociological Review, vol. 74, no. 2 (April 2009)
- Sander Hoogendoorn, Hessel Oosterbeek, and Mirjam van Praag, “The Impact of Gender Diversity on the Performance of Business Teams: Evidence from a Field Experiment,” Social Sciences Research Network, Working Paper Series (April 28, 2011).

成績評価の基準及び方法

講義への参加 30%
講義への貢献 30% 
最終レポート 20% 
グループ発表 20% 

関連する科目

  • LAW.X425 : グローバルリーダーシップ実践

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

英語で議論できる程度の語学力(TOEIC750点またはTOEFL-iBT80点程度以上)を有すること。

その他

グローバルリーダーシップ実践の履修生を歓迎する。

このページのトップへ