2018年度 サマープログラム研究交流プロジェクト   Tokyo Tech Summer Program Research Exchange Project

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
広域教養科目
担当教員名
各教員 
授業形態
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
-
クラス
-
科目コード
LAW.X426
単位数
2
開講年度
2018年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2018年5月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

Tokyo Tech Summer Programに参加する海外交流学生が、来日前に受入指導教員と相談して決定した約10週間で実行可能な研究プロジェクトに取り組む。
本科目の狙いは、留学生が研究活動を通して、専門分野の基礎知識の獲得や実験技術の習熟を図り、さらには東京工業大学における研究活動の特色を理解することである。また、受入研究室に所属する正規学生との日々の協働作業や交流を通して、双方の将来にまで繋がる人的ネットワークの確立を目指す。

到達目標

留学生は、日々の研究活動に熱心に取り組み、プログラム10週目までに研究成果をまとめて、それを最終日の全体発表会で報告できるようにする。

キーワード

海外交流学生、留学、研究室、東京工業大学サマープログラム

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

来日時に提出する研究計画書(Research Plan)に沿って、各受入教員の指導の下、学生が自主性と協調性を発揮しながら、研究活動を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 所属する研究室と学生自身の研究テーマによる。 所属する研究室と学生自身の研究テーマによる。

教科書

所属する研究室と学生自身の研究テーマによる。

参考書、講義資料等

所属する研究室と学生自身の研究テーマによる。

成績評価の基準及び方法

プログラム10週目頭を目途に、受入指導教員が担当留学生の研究姿勢や結果を総合的に評価する。

関連する科目

  • LAW.X424 : ウインタープログラム研究交流プロジェクト

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

Tokyo Tech Summer Programに参加する海外交流学生を対象とする。

このページのトップへ