H31年度 キャリア、パーソナリティ、ライフスタイルのバランス戦略(修士) B   Strategies for Balancing Career, Personality and Lifestyle (Master Course) B

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
キャリア科目
担当教員名
赤木 泰文  RICINSCHI DAN  GONZALES HAZEL BANTOLINO  BERRAR DANIEL PETER 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
B
科目コード
LAC.M403
単位数
1
開講年度
H31年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
H31年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

修士キャリア科目として、近時の研究者・技術者を取り巻く環境変化および科学研究のパラダイム変化に対応しながら、アカデミア或いは産業 界おいて「成功した科学者・技術者としての将来」を築くためのキャリアデザイン戦略を講義する。
講義者達の異なる国々および日本での研究や就業の経験を基に、国際的なキャリア展開の展望と必要性、実用的なスタートアップスキルを紹介する。修士課程学生には、演習課題が課せられる。

到達目標

聴講者は、将来のキャリアパスを探る方策、良好な他社との関係開発、職場での課題に対処する方法等についての一般的知識を与えられる。更 に、個性と専門性を育成するためのコミュニケーションと対人能力の向上に関するいくつかのトピックをカバーする。また、聴講者がグローバ ルなキャリアへの挑戦の機会を検討し、国境を越えたキャリアを志向するために必要となる情報の提供を目指す。

キーワード

キャリアデザイン戦略、国際的なキャリア展開、コミュニケーションと対人能力、技術者・研究者を取り巻く環境変化、科学研究のパラダイム 変化

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

本講義は、座学と短時間のアクティビティ、そしてオープンなディスカッションを含む計7時間のクラスになります。 この講義では、技術やスキルの開発や修得、 職場での課題に対処するためのコミュニケーション能力と対人能力の向上など、いくつかのテーマに取り組む予定です.
大岡山キャンパスで、専門分野の異なるインストラクターが1週間以内の3曜日での集中講義を行います。

・学生は、講義時間中に伝達された情報に基づいてレポートを作成することが求められ、これが評価の基礎となります。(リチンスキー先生からのメッセージ)
・キャリアパスの探索の実践として、前半は座学による講義が行われます。 後半は個人評価、キャリア経験、キャリア達成のためのオープンな議論に専念する予定です。(ゴンザレス先生からのメッセージ)

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 6月24日(月)10:00‒12:15 大岡山 W531 “Credit cycles for stage 1 : From D1 to Doctoral degree”(Hirofumi Akagi) -特に留学生の、日本における博士キャリアデザイ ン の問題を理解する。
第2回 6月24日(月)13:20‒16:35 大岡山 W531 “Career advice for scientists: from postdocto working in academia or industry” (Hazel B. Gonzalesinschi) -主に物質材料分野でのキャリア開発の話題を中心とする。 -演習課題提出
第3回 6月25日(火)13:20‒16:35 大岡山 S222 “Career Design: Guide to Choosing a Career”(Daniel Berrar) ※There's a possibility that schedule may be modified. - キャリア強化のために開発されるべき技術とスキル について。 - キャリアパスの探究、キャリア選択の優先事項について議論する 主に化学分野でのキャリア開発の話題を中心とする。 -演習課題提出
第4回 6月27日(木)13:20‒16:35 大岡山 H121 “Data‒intensive science: new challenges and career perspectives” (Dan Ricinschi) ※There's a possibility that schedule may be modified. -計算科学分野でのキャリア開発。 -演習課題提出

教科書

無し

参考書、講義資料等

無し

成績評価の基準及び方法

授業の参加度( 70%)と課題提出 ( 30%)による。

関連する科目

  • 他キャリア科目

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

無し

その他

集中講義:3日間

このページのトップへ