2019年度 理科教育法Ⅰ   Method of Teaching Science I

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
教職科目
担当教員名
藤枝 秀樹 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
LAT.S101
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

理科教育の役割と目標・内容,教材論,教授論,理科教育の現状などを講義で扱うと同時に,理科授業に役立つ教材作成の演習を行う。

到達目標

中学校と高等学校の学習指導要領及びその解説などに基づき,理科教育の基本的な原則・目標・内容・留意事項などを理解し,教授法の基礎を学ぶことを目的とする。

キーワード

理科教育,学習指導要領,教育課程,指導と評価,教材作成

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

集中講義形式とする。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 学習指導要領の法律上の位置付けと改訂のポイント 毎回の授業内容に関して自ら復習し習得を確実なものとすること。
第2回 理科教育の現状と課題
第3回 学習指導要領における中学校理科と高等学校理科の目標
第4回 学習指導要領における中学校理科と高等学校理科の主な内容と指導上の留意点
第5回 授業に役立つ教材づくり①
第6回 理科で育成を目指す資質・能力を育むための指導と評価
第7回 授業に役立つ教材づくり②と授業デザイン 
第8回 理科教育の意義と役割(振り返りとまとめ)

教科書

中学校学習指導要領,高等学校学習指導要領
中学校学習指導要領解説(理科編),高等学校学習指導要領解説(理科編 理数編)

参考書、講義資料等

持参物など,別に指示する。

成績評価の基準及び方法

成績評価は出席、レポート、パフォーマンス課題の成果(授業に役立つ教材づくり及び発表)などから総合的に判断する。

関連する科目

  • LAT.S102 : 理科教育法Ⅱ

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

中学校及び高等学校の理科教育に関心・意欲があること。

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

office-tw[at]ila.titech.ac.jp

オフィスアワー

非常勤講師なので,メールで事前に連絡すること。

このページのトップへ