2019年度 上級日本語 1:セミナーを聞く 3QB   Advanced Japanese 1: Academic listening 3QB

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
日本語・日本文化科目
担当教員名
森泉 朋子 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
木3-4(G112)  
クラス
3QB
科目コード
LAJ.J501
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2019年9月13日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

アカデミックな上級日本語力の養成を行う。特に、発表を聞いて理解することと、発表に必要な技術を学ぶことである。

到達目標

このコースが終わるまでに、発表を聞きメモをとること、発表の流れを知ること、発表に必要な表現を学ぶことができる。

キーワード

聴解能力の向上、メモをとる、発表をする。

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

発表の例を聞き、メモをとりながら内容を理解し、発表全体の流れを知り、発表のための基本的な表現を学ぶ。その上で、自分でテーマを決めて発表の準備をし、発表をする。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ガイダンス 発表を聞く。
第2回 発表全体の流れを知る。 発表を聞く。
第3回 発表のための表現を学ぶ。 メモをとる。
第4回 発表のための表現を学ぶ。 メモをとる。
第5回 発表のための表現を学ぶ。 メモをとる。
第6回 発表のテーマを決める。 発表の準備をする。
第7回 発表をする。 発表の準備をする。
第8回 発表をする。 発表の準備をする。

教科書

特に指定しない。

参考書、講義資料等

『アカデミック・スキルを身につける聴解・発表ワークブック』(スリーエーネットワーク)

成績評価の基準及び方法

評価は授業参加とプレゼンテーションによる。

関連する科目

  • LAJ.J502 : 上級日本語 2:討議をまとめ、書く
  • LAJ.J601 : 上級日本語 4:論文執筆方法論
  • LAJ.J503 : 上級日本語 3:セミナーで発表する
  • LAJ.J602 : 上級日本語 5:論文発表実践

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

留学生のみ履修可能。

その他

あらかじめ予約システム(http://js.ila.titech.ac.jp/~web)で予約の上、着席すること。予約なしでの着席は認めない。

このページのトップへ