2022年度 ドイツ語文化演習4   German Seminar: Culture and Society 4

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
第二外国語科目
担当教員名
安徳 万貴子 
授業形態
演習    (対面型)
メディア利用科目
曜日・時限(講義室)
水5-6(W831)  
クラス
-
科目コード
LAL.G434
単位数
1
開講年度
2022年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2022年4月20日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

この授業は、ドイツ語の基礎知識を有し、読解力を身につけたい学生を対象とする。受講者は、ドイツの自然・文化・歴史・哲学・技術といった、様々な内容についてのドイツ語の文章を読む。授業のねらいは、ドイツ語を読みドイツ語で考えること、ドイツ語圏の文化・歴史を知ることにある。またドイツ語圏への留学希望者は、現地での生活を豊かにするための知識も身につけたい。

到達目標

1. ドイツ語を読み解く力を高める
2. ドイツ圏の人々の生活や文化を理解する

キーワード

ドイツ語、ドイツ語圏の文化、ドイツ語文法、留学

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

担当教員の作成する教材を、毎回授業前にお送りします(教材は、ドイツ語の文章と、文法・語彙についての注釈です)。受講者は授業で解説を聞いた後、ドイツ語文を日本語に訳して提出してください。次回の教材で訳例を示します。授業では読解のポイントについて解説し、文章の内容を考察します。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 導入――ドイツ語の発音と文構造 担当教員の作成する教材(課題を含む)を毎回授業前にT2scholaでお送りします。毎回授業の翌日までにT2scholaにて課題を提出してください。
第2回 トーマス・マンの短編小説『幻滅』を読む(1) 担当教員の作成する教材(課題を含む)を毎回授業前にT2scholaでお送りします。毎回授業の翌日までにT2scholaにて課題を提出してください。
第3回 マンの小説を読む(2) 担当教員の作成する教材(課題を含む)を毎回授業前にT2scholaでお送りします。毎回授業の翌日までにT2scholaにて課題を提出してください。
第4回 マンの小説を読む(3) 担当教員の作成する教材(課題を含む)を毎回授業前にT2scholaでお送りします。毎回授業の翌日までにT2scholaにて課題を提出してください。
第5回 マンの小説を読む(4) 担当教員の作成する教材(課題を含む)を毎回授業前にT2scholaでお送りします。毎回授業の翌日までにT2scholaにて課題を提出してください。
第6回 マンの小説を読む(5) 担当教員の作成する教材(課題を含む)を毎回授業前にT2scholaでお送りします。毎回授業の翌日までにT2scholaにて課題を提出してください。
第7回 マンの小説を読む(6) 担当教員の作成する教材(課題を含む)を毎回授業前にT2scholaでお送りします。毎回授業の翌日までにT2scholaにて課題を提出してください。

授業時間外学修(予習・復習等)

文法書を使って基本文法をひととおり見渡しましょう(初学者の方には文法書をご紹介します)。課題文に出てきた単語は、独和辞典を読み、例文とともに覚えてください。

教科書

担当教員の作成する教材を、毎回授業前日にT2scholaでお送りします。

参考書、講義資料等

独和辞典を読む際、単語の意味だけでなく、例文にひととおり目を通しましょう。

成績評価の基準及び方法

すべての提出課題をもとに、訳文と読解の正確さを評価します。ドイツ語の課題文を日本語に翻訳して提出してください。

関連する科目

  • LAL.G201 : ドイツ語初級1
  • LAL.G202 : ドイツ語初級2
  • LAL.G203 : ドイツ語初級3
  • LAL.G204 : ドイツ語初級4
  • LAL.G331 : ドイツ語中級1
  • LAL.G332 : ドイツ語中級2
  • LAL.G233 : ドイツ語セミナー(入門・基礎)3
  • LAL.G234 : ドイツ語セミナー(入門・基礎)4
  • LAL.G363 : ドイツ語セミナー(応用・留学)3
  • LAL.G364 : ドイツ語セミナー(応用・留学)4

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

ドイツ語文法の知識をある程度有していることが望ましい。初学者の方は担当教員にご相談ください。

その他

初学者の方は担当教員にご相談ください。発音と、ドイツ語の文構造の要点をはじめに解説します。ドイツ語入門として集中講座(単位なし、「外国語セクション」HPに概要掲載)もあります。

このページのトップへ