2020年度 英語スピーキング演習第四 1   Oral Expression in English 4 1

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
英語科目
担当教員名
STONEBURGH MARK 
授業形態
演習
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
水3-4(W621)  
クラス
1
科目コード
LAE.E134
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2020年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

 すべての「英語スピーキング演習」の科目は、学生の話す力を伸ばすことを目標としている。発表以外の場においては、効果的に話すためには効果的に聞くことも必要となることから、これらの科目の授業や宿題においては、互いに話し合う練習やきちんと聞く練習を行う。

100番台の選択科目である「英語スピーキング演習第四」は、の教材や演習は「英語スピーキング演習三」に準じ、特に、2人の話者の間で聞き話すことを通じて効果的な口頭によるコミュニケーションを行うことを目指す。また、教科書や授業で導入された単語や文法が使えるようにすることも、授業のねらいのひとつである。

到達目標

この授業科目を履修することにより、学生は、それまでに会ったことのない人との1対1の会話において、自信を持って、社会や異文化についてのより複雑なトピックについて話すために必要な新たな単語や句を身につけることができる。 

キーワード

話すこと 聞くこと 口頭表現 対話

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

This is designed to be a very student centered/interactive class with students discussing and debating various topics. New vocabulary and grammar will be routinely introduced to enable students to articulate ideas more clearly and to facilitate discussion.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 Speaking Topic-Technology Fluency/vocabulary/listening/Role-playing
第2回 Speaking Topic-The Environment Fluency/vocabulary/listening/Role-playing
第3回 Speaking Topic-The Media Fluency/vocabulary/listening/Role-playing
第4回 Speaking Topic-Health Fluency/vocabulary/listening/Role-playing
第5回 Speaking Topic-Sports Fluency/vocabulary/listening/Role-playing
第6回 Speaking Topic-The Weather Fluency/vocabulary/listening/Role-playing
第7回 The Future/ Final Exam Fluency/vocabulary/listening/Role-playing

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

Handouts

参考書、講義資料等

Handouts

成績評価の基準及び方法

Participation-50%
Quizzes-30%
Final Exam-20%

関連する科目

  • LAE.E133 : 英語スピーキング演習第三

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

その他

本科目は LAE.E133「英語スピーキング演習第三」と共に履修することが望ましい。
この授業の履修を計画している学生は必ず初回の授業に出席すること。

このページのトップへ