2019年度 英語第六 23-RW   English 6 23-RW

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
英語科目
担当教員名
原田 大介 
授業形態
演習
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
月5-6(W832)  
クラス
23-RW
科目コード
LAE.E212
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

英語第五に引き続き、この授業科目では、大学レベルでの学修・研究活動を英語で行うために必要な英語運用力のいっそうの向上を目的とした演習を行う。国際意識の醸成に資する目的で海外事情・異文化理解に関する教材を用いるほか、科学技術に関する英語素材を用いる。英語の読解力と聴解力の向上を目指す訓練に加え、口頭の発話練習および構成を考えながらパラグラフや短いエッセイを書く訓練を行うことによって、英語での発信に習熟することも目指す。

到達目標

この授業科目では、次のような英語の知識と運用力およびコミュニケーションへの姿勢を身につけることが目標となる。
・英語で自己表現する力がつく
・パラグラフや短いエッセイを書く力がつく
・英語の講義を理解する聴解力がつく
・英文を読みこなすための方法が身につく

キーワード

英語運用の四技能 国際意識醸成 コミュニケーション 留学 TOEFL

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

英語を使って科学的論考を構成するために欠かせない基本的なパターンを学ぶ。テキストは質・量ともに充実しているため、学生には授業前にテキストの各ユニットを読み、演習問題に取り組んでおくことを求める。授業では、(1)各回のポイント説明、(2)演習問題に対する取り組みの確認を行う。その後、(3)学生はその回のポイントを利用して、構成が整った英文の読解および作成に取り組んでいく。各回にパッセージ読解、パラグラフライティングを含む持ち帰り課題がある。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 The Method (1) : Reading a Method, Rhetorical functions and structure, Justification / Language of the Method: Topic sentences, compiling information Textbook, pp. 95-116
第2回 The Method (2): Tasks / Checklist Textbook, pp. 95-116
第3回 The Results (1): Reading a Results, Rhetorical functions and structure / Language of the Results: Identifying and reporting trends, Using Figures & Tables Textbook, pp.117-146
第4回 The Results (2): Tasks / Checklist Textbook, pp.117-146
第5回 Discussion (1): Reading a Discussion, Rhetorical functions and structure / Language of the Discussion: Hedging, causal language, and expressing proof Textbook, pp. 147-168
第6回 Discussion (2) : Tasks / Checklist Textbook, pp. 147-168
第7回 Titles and Abstracts (1): Titles: Identifying variables, relationships, and main result of application / Abstracts: Summarizing elements of an Abstract Textbook, pp. 169-182
第8回 Titles and Abstracts (2): Tasks / Checklist Final Examination Textbook, pp. 169-182 統合演習問題

教科書

Active English for Science(『英語で科学する--レポート、論文、プレゼンテーション』), 東京大学教養学部ALESSプログラム、東京大学出版会, 2012.

参考書、講義資料等

授業中に紹介する。

成績評価の基準及び方法

授業中のアクティビティ 20%
持ち帰り課題 30%
期末試験 50%

関連する科目

  • LAE.E111 : 英語第一
  • LAE.E112 : 英語第二
  • LAE.E113 : 英語第三
  • LAE.E114 : 英語第四
  • LAE.E211 : 英語第五
  • LAE.E213 : 英語第七
  • LAE.E214 : 英語第八
  • LAE.E311 : 英語第九

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ