2019年度 人文学系ゼミ(創造と思考のレッスン)4   Seminar on Humanities(Art workshop)4

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
伊藤 亜紗 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
LAH.H359
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

この講義では、冬休み中の5日間の集中講義で行い、毎日異なる課題(例:キャンパス内に異空間を作れ)に対して作品を制作を行い,その後でじっくり講評を行います。自分の体と心を動かしながら、発想の引き出しをふやすことをめざします。

到達目標

本講義を履修することによって以下の能力を修得することを目指します。
1)作品を鑑賞したり制作することを通じて、芸術的な経験を広める
2)自分の感覚的な印象を、分析的かつ総合的に言葉にしたり、形にしたりすることができる
3)他者との議論を通じて、ものごとを多角的にとらえることができる

キーワード

アート、フィールドワーク、ワークショップ

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

集中講義にて行います。10月2日(水)12:30より西9号館607にて説明会を行うので、希望者は必ず参加すること。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 こちらから出す課題に応じて毎日最低一つの作品をつくり、それについて講評します。 自分の感覚を形や言葉で表現する。

教科書

特になし。

参考書、講義資料等

特になし。

成績評価の基準及び方法

授業への貢献度

関連する科目

  • LAH.H102 : 芸術A
  • LAH.H202 : 芸術B
  • LAH.H302 : 芸術C
  • LAH.H254 : 人文学系ゼミ(創造と思考のレッスン)1
  • LAH.H255 : 人文学系ゼミ(創造と思考のレッスン)2
  • LAH.H358 : 人文学系ゼミ(創造と思考のレッスン)3
  • LAH.H360 : 人文学系ゼミ(創造と思考のレッスン)5
  • LAH.H361 : 人文学系ゼミ(創造と思考のレッスン)6

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

事前に身につけているべき知識や技術はありません。

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

ito_asa[at]yahoo.co.jp

オフィスアワー

メールで事前予約すること。居室は西9号館913号室。

このページのトップへ