2018年度 学びのデザイン   Learning Design

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
室田 真男  田中 岳  森 秀樹  大浦 弘樹  渡辺 雄貴 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
月5-6(W934)  
クラス
-
科目コード
LAH.T110
単位数
1
開講年度
2018年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2018年4月23日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

大学入学前までの学びと,大学での学びは何がどう異なるのだろうか.大学で学ぶことの意味や,大学生の目指すものは何か.この講座では,大学生の学びを学習科学・教育工学・認知心理学の諸理論を用いて理論的に考える力を養うことを目的に講義をします.大学生活4年間だけでなく,社会人として,「学ぶ」方法や,「教える」方法についても触れながら,自らの今後の学習についてデザインできる能力を養います.

到達目標

学習・教育の諸理論について具体例を用いて説明出来るようになる.
大学で学ぶ目的,方法を自ら工夫,選択し,主体的に実践できるようになる.

キーワード

学習,教育,教育工学,学習科学,協同学習,アクティブラーニング

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

授業は,講義,演習,グループ活動など学習目標に合わせた方法で実施します.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ガイダンス・ 自分の学びと向き合う 授業の進め方を知る.
第2回 学び合いの場つくり よりよい学習環境を選ぶことができる.
第3回 自己調整学習 SRL理論とメタ認知の関係を説明できる.
第4回 授業内の学び 授業内の学習方法を理解し,実践できる.
第5回 授業外の学び 授業外の学習方法を理解し,実践できる.
第6回 学習意欲とパフォーマンス 学習意欲とパフォーマンスの関係性が説明できる.
第7回 インストラクショナルデザインと学習目標 IDモデルについて説明できる.
第8回 自分のこれからの学びを考える 授業を総括し,まとめることができる  

教科書

鈴木克明,美馬のゆり(編著)(2018)学習設計マニュアル - 「おとな」になるためのインストラクショナルデザイン,北大路書房

参考書、講義資料等

Robert V. Reiser, John V. Dempsey(編著)鈴木克明,合田美子(監訳)(2013)インストラクショナルデザインとテクノロジ-教える技術の動向と課題,北大路書房

成績評価の基準及び方法

授業参加度(30%),成果物(30%),最終レポート(40%)に基づく

関連する科目

  • LAH.C101 : 東工大立志プロジェクト

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ