2017年度 教養先端科目PT2   Path-Breaking Liberal Arts Courses PT2

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
猪原 健弘  金子 宏直  鈴木 悠太  小泉 勇人  河村 彩 
授業形態
講義 / 演習
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
-
クラス
-
科目コード
LAH.C618
単位数
2
開講年度
2017年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2017年2月14日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

インペリアルカレッジと東工大が共同主催するImperial College of London-TokyoTechのGrobal Fellows Programme2018スプリングスクールに参加する博士後期課程学生が履修するための科目である。

到達目標

国際研究プロジェクトにおけるリーダーシップを発揮することができる博士後期課程学生に必要となる教養および英語によるコミュニケーション能力を身につける。外国大学若手研究者との研究交流を体験する。

キーワード

Grobal Fellows Programme, Imperial College of London, International reserach collaboration

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

インペリアルカレッジロンドンおよび東京工業大学のコーチによる課題解決グループワークに参加する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 2018年3月4日から9日までの合宿形式スプリングスクール プログラムスケジュールはスプリングスクールの情報を参照

教科書

該当なし

参考書、講義資料等

該当なし

成績評価の基準及び方法

スプリングスクールの日程に参加して最終プレゼンテーションを行いプログラムを修了すること

関連する科目

  • LAH.C611 : 教養先端科目1
  • LAH.C612 : 教養先端科目2
  • LAH.C613 : 教養先端科目3
  • LAH.C614 : 教養先端科目4
  • LAH.C615 : 教養先端科目5
  • LAH.C601 : 学生プロデュース科目1
  • LAH.C602 : 学生プロデュース科目2
  • LAH.C603 : 学生プロデュース科目3
  • LAH.C604 : 学生プロデュース科目4
  • LAH.C605 : 学生プロデュース科目5

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

原則として博士文系教養科目(教養先端科目、学生プロデュース科目)を1単位以上履修済みであり、Imperial college of London-TokyoTechのGrobal Fellows Programme2018スプリングスクールに参加を許可されたもののみ履修できる。
応募は2018年1月10日締め切り

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

留学生交流課 交流推進第1グループ
intl.sgu[at]jim.titech.ac.jp
留学情報館 大岡山南6号館4階405号室(開館時間8時30分から17時)
電話:03-5734-3433

その他

スプリングスクール専用HP
http://bunkei.sougou.valdes.titech.ac.jp/600PG/GFP/index.html

このページのトップへ