2016年度 心理学B   Psychology B

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
文系教養科目
担当教員名
永岑 光恵 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
月1-2(H121)  木1-2(H121)  
クラス
-
科目コード
LAH.S205
単位数
2
開講年度
2016年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2016年4月27日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

本講義では、心理学の多岐にわたる分野の中から知覚、記憶、学習、感情、性格、社会行動について取り上げる。併せて、心のメカニズムについての仮説を立て、実証していく心理学的な研究方法(実験や調査)についても講義する。

講義を通して、「人間とは何か」「人間の心とは何か」を考察し、人間理解を深めることを目的とする。

到達目標

本講義を履修することによって、次の知識と能力を修得する。
1) 心理学の各研究領域についての概要を理解する
2) 心理学的研究、知見について批判的に考察することができる
3) 心理学の知見や考え方を日常生活に活用することができる

キーワード

知覚、記憶、学習、感情、性格、社会行動

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

各分野のテーマについて1~2回の授業を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 心理学とは何か 心理学の定義を述べよ。
第2回 心理学の歴史・心理学の方法 心理学の歴史および心理学の方法について説明せよ。
第3回 知覚1:我々は外界をどう見ているのか 知覚のメカニズムについて説明せよ。
第4回 知覚2:視覚と聴覚の関係 視覚と聴覚の関係について説明せよ。
第5回 記憶1:記憶とは何か 記憶の定義を述べよ。
第6回 記憶2:記憶と脳 記憶と脳の関係について説明せよ。
第7回 学習1:行動の獲得、古典的条件づけ 古典的条件づけについて、日常生活の具体例を挙げて説明せよ。
第8回 学習2: オペラント条件づけ オペラント条件づけについて、日常生活の具体例を挙げて説明せよ。
第9回 学習3: 社会的学習、問題解決 社会的学習について、古典的条件づけとオペラント条件づけとの違いを説明せよ。
第10回 感情1:基本的感情の普遍性 基本的感情の普遍性について説明せよ。
第11回 感情2:感情のコントロール 感情のコントロール方法について説明せよ。
第12回 性格1:主要なパーソナリティ理論 類型論と特性論の相違について説明せよ。
第13回 性格1:パーソナリティ検査 代表的なパーソナリティ検査を挙げよ。
第14回 社会行動1:他者の存在の影響 社会的促進と社会的手抜きについて説明せよ。
第15回 社会行動2:対人コミュニケーションと社会的スキル 社会的スキルの向上方法について説明せよ。

教科書

和田万紀(編)『心理学(第2版)』 弘文堂

参考書、講義資料等

参考書は適宜紹介する。
講義資料はOCW-iか授業中の配付により与える。

成績評価の基準及び方法

毎回の授業時に提出するワークシート(30点:2点×15回)、小レポート(20点)、期末試験(50点)に基づいて行う。 なお、60点以上が単位認定の最低ラインとなるが、ワークシートの提出が9回に満たない場合は、不可となる。

関連する科目

  • LAH.S306 : 心理学C

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

なし

その他

・人数制限をする場合がありますので、履修希望者は第1回目の講義に必ず出席してください。
・心理学の研究のためには多くの方に実験や調査に参加してもらう必要があります。そのため、実験や調査への参加をお願いすることがあります。その場合は、ぜひ積極的に参加してください。実際に心理学研究に参加してみることで、心理学の知見がどのような方法論によって得られるかの理解が促進されるでしょう。なお成績評価において実験参加による加点を行います。
実験参加ではなく、指定された本から1冊を選びレポートを提出した学生にも同様の加点を行います。

このページのトップへ