2019年度 知的財産・標準化マネジメント I   Management of Intellectual Property and Standardization I

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
技術経営専門職学位課程
担当教員名
橋本 正洋  渡部 俊也  鮫島 正洋  平野 哲行  長澤 健一  小林 徹  上野 剛史  久保 雅一  江藤 学  武重 竜男  戸田 裕二  小林 誠 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
金11-12(田町CIC913)  
クラス
-
科目コード
TIM.B517
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2019年4月1日
講義資料更新日
2019年11月16日
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

企業の新規事業の成功・競争力強化につながる研究開発・事業化における知的財産のマネジメントのあり方及び標準化のマネジメントのあり方について講義する。
研究開発を含め企業の戦略・実行において、また新規事業の開発・事業化において、知的財産と標準化をいかに組み込みマネジメントすべきか、事例に基づき解説し、討議する。

到達目標

企業のイノベーション・競争力強化につながるR&D及び事業化における知的財産のマネジメントの重要性を理解する。
 特に、R&D戦略・事業戦略の策定・実行において知的財産・標準化組込型マネジメントを戦略的に実施することの重要性を習得する。

キーワード

知的財産権、特許、事業戦略、国際標準化

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
-

授業の進め方

 担当教員のほか、知的財産・標準化戦略の現場経験の豊富なゲスト講師を予定している。グループ討議の課題と進め方については、講義の中で紹介する

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ガイダンス グループ分けを行う
第2回 オープンイノベーションと知的財産戦略 オープンイノベーション戦略における知財の意味と位置づけを理解する
第3回 技術のコモディティ化環境における知財戦略と事業戦略 技術のコモディティ化の意味、その対策としての知財戦略とその限界を理解する
第4回 デザインストラテジーによるイノベーション創成 デザイン戦略のもたらすイノベーション創成を理解する
第5回 企業のグローバル知的財産戦略 グローバル企業における知財戦略を理解する
第6回 医薬産業の知的財産戦略 医薬品産業における知財戦略を理解する
第7回 独占禁止法と知的財産戦略 独占と知財の関係について理解する
第8回 グループ討議 課題についてグループ討議を行い、知財戦略の一端を把握する

教科書

特になし

参考書、講義資料等

講義の際に関係資料を配布する

成績評価の基準及び方法

グループ討議及び授業への貢献(約50%)
最終課題(約50%)

関連する科目

  • TIM.B518 : 知的財産・標準化マネジメント II

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

知財に関する基礎的な知識があることが望ましい。

このページのトップへ