2019年度 リサーチリテラシー演習 II   Exercises in Research Literacy II

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
技術経営専門職学位課程
担当教員名
佐堀 大輔  比嘉 邦彦 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
土3-4(CIC812)  
クラス
-
科目コード
TIM.D402
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2019年4月5日
講義資料更新日
2019年8月3日
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

 主に演習を通じて,研究手法の選び方,研究の設計方法,研究論文やレポートの書き方について学習する。
 本科目は、技術経営専攻の研究経験の無い社会人学生を主な対象としている。研究の進め方や設計方法、研究レポートの作成に必要なスキルなどを修得して貰うことを狙いとしている。

到達目標

本講義を履修することで以下の能力を修得する
1.研究手法毎の特徴を理解する
2.研究目的に合った手法の選び方と研究設計の行い方を理解する
3.研究論文の書き方を理解する

キーワード

研究手法,研究設計,研究論文の書き方

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

授業は講義と討議を組合せインタラクティブに行う。また,2回の演習を行い理解を深める。さらに,グループ演習課題と発表を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 研究手法の理解 研究手法毎の特徴,研究手法の使い方
第2回 研究目的に合った手法の選び方と研究設計方法 研究目的に合った手法の選び方と研究設計方法の必要性について理解する
第3回 演習1(研究手法選択・設計・分析などの間違い探しと修正の演習) 研究手法選択・設計・分析などの間違い探しの演習により理解を深める
第4回 研究レポートの書き方 研究レポートの書き方について理解する
第5回 演習2(研究レポートの間違い探しと修正の演習) 間違い探しの演習により研究レポートの書き方への理解を深める
第6回 グループプレゼンテーション I 過去のプロジェクトレポートのクリティカルリーディングと考察の発表
第7回 グループプレゼンテーション II 過去のプロジェクトレポートのクリティカルリーディングと考察の発表
第8回 まとめ 研究プロジェクトを進める際の重要ポイント

教科書

教科書の指定は無し

参考書、講義資料等

参考書:「課題研究メソッド」(啓林館)
全ての講義資料等はOCWiを通して提供する

成績評価の基準及び方法

出席点40%,グループ発表20%,レポート20%,討議参加点20%

関連する科目

  • TIM.D401 : リサーチリテラシー演習 I

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

TIM.E401 : リサーチリテラシー演習 Iを履修済みであること

このページのトップへ