2020年度 ネットワーク経済学 I   Network Economics I

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
技術経営専門職学位課程
担当教員名
橋本 正洋  Lee Duk Hee 
授業形態
講義
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
TIM.C414
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2020年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

現在講師の来日予定が決まっておらず、当面休講とする。
英語講義であり、英文を参照のこと。

到達目標

英語講義であり、英文を参照のこと。

キーワード

ネットワーク経済学、ネットワーク外部性、べき乗分布、臨界質量、リターン増加、経路依存性、正帰還、多重平衡、ネットワーク科学、ネットワークトポロジー、ランダムネットワーク、スケールフリーネットワーク、スモールワールドネットワーク、強い結びつき、弱い ネクタイ、構造的穴、ホモフィリー、複雑さ、相転移、自己組織化、同期、矛盾、不安定性、システムリスク。 イノベーションシステム、情報カスケード、群れ行動

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

日程によっては集中講義で行う。
本講義は二コマ連続で行う。13:20~16:40
英語講義であり、英文を参照のこと。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 英語講義であり、英文を参照のこと。 英語講義であり、英文を参照のこと。
第2回 英語講義であり、英文を参照のこと。 同上
第3回 英語講義であり、英文を参照のこと。 同上
第4回 英語講義であり、英文を参照のこと。 同上
第5回 英語講義であり、英文を参照のこと。 同上
第6回 英語講義であり、英文を参照のこと。 同上
第7回 英語講義であり、英文を参照のこと。 同上

教科書

講義中に説明する。

参考書、講義資料等

講義中に説明する。例えば
cf.
Easley, D. and J. Kleinberg (2010), Network, Crowds, and Market: Reasoning about a Highly
Connected World, Cambridge University Press

成績評価の基準及び方法

出席及び講義への貢献5割
最終レポート5割

関連する科目

  • TIM.C410 : イノベーション政策概論 I
  • TIM.A401 : 経営・財務分析基礎 I
  • TIM.C411 : イノベーション政策概論 II
  • TIM.A402 : 経営・財務分析基礎 II

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

経済学の基礎を学んでいることが望ましいがそうでなくても構わない

このページのトップへ