2021年度 教育心理学   Educational Psychology

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
社会・人間科学コース
担当教員名
山岸 侯彦 
授業形態
講義    (ZOOM)
曜日・時限(講義室)
水1-2  
クラス
-
科目コード
SHS.M449
単位数
1
開講年度
2021年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2021年3月19日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

講義は、教育に関する心理学知見をカバーする。教育場面への含意を持つ心理学知見を概観する事が狙いである。

到達目標

受講者は、心理学知見の教育現場における含意を学ぶ事が期待される。

キーワード

教育、心理学、学校教育

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

2021年は、Zoomによるオンライン配信授業を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 小学校段階の思考 小学生の思考の特徴を理解する。
第2回 中学生以降の思考 中学生以降の思考の特徴を理解する。
第3回 道徳性の獲得 道徳性を、児童がどのように獲得するか理解する。
第4回 記憶過程 記憶に数段階ある事と、個々の段階の特徴を理解する。
第5回 知能と教育 知能面の個人差と、教育場面への含意を理解する。
第6回 数の理解 数というシステムの特徴を児童がいかに学ぶか理解する。
第7回 学習と動機付け 学習に、動機付けが与える影響を理解する。
第8回 学生によるプレゼンテーションと教員からのフィードバック 学生の理解度を確認する。

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する 予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

毎回授業前に、ハンドアウトを配布する。

参考書、講義資料等

毎回授業前に、ハンドアウトを配布する。

成績評価の基準及び方法

筆記試験結果:90%。授業中参加度:10%。

関連する科目

  • LAT.A405 : 認知心理学
  • SHS.M448 : 発達心理学

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特に設けない。

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

yamagishi.k.aa[at]m.titech.ac.jp

このページのトップへ