2019年度 強度の力学   Mechanics of strength

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
融合理工学系
担当教員名
因幡 和晃  高橋 邦夫  秋田 大輔 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火5-6(S321)  
クラス
-
科目コード
TSE.A302
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2019年5月9日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

この講義では、固体・構造力学基礎の発展として、材料強度学の基礎を学ぶ。本講義では、応力とひずみの一般的な取り扱いや、弾塑性力学、製品を作るための材料に力が加わったときに生じる変形や破壊に関する基礎知識を学ぶ。

到達目標

本講義を履修することによって、以下の能力を修得する。
1)応力とひずみの理解を深め、破損と破壊の力学に関する基礎的知識を習得すること。
2)強度の基本的特性を理解し、過去の事故を力学的観点から説明する能力を身につけること。

キーワード

応力、ひずみ、破損、破壊

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

それぞれのテーマについて講義を行い、授業の後半に演習、グループ学習を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 材料強度学の意義、応力とひずみ 応力とひずみの一般的な取り扱いを理解する
第2回 弾性力学の基礎 弾性力学の基礎を理解する
第3回 塑性力学の基礎 塑性力学の基礎を理解する
第4回 破壊と破損の力学 破壊と破損の理解を深める
第5回 強度の基本的特性 強度の基本的特性を説明できるようになる
第6回 疲労強度、ケーススタディー ケーススタディーを通じて疲労強度の理解を深める
第7回 高温強度、ケーススタディー ケーススタディーを通じて高温強度の理解を深める
第8回 環境強度、ケーススタディー ケーススタディーを通じて環境強度の理解を深める

教科書

改訂 材料強度学、日本材料学会

参考書、講義資料等

弾塑性力学の基礎、吉田総仁、共立出版

成績評価の基準及び方法

演習(35%)とレポート(65%)により評価する。

関連する科目

  • TSE.A202 : 固体・構造力学基礎

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

固体・構造力学基礎を履修していること。

このページのトップへ