2019年度 固体・構造力学基礎   Solid Mechanics and Structure Engineering

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
融合理工学系
担当教員名
BUI QUOC TINH  WIJEYEWICKREMA ANIL CHRISTOPHER  SADEGHZADEH NAZARI MEHRDAD  日野出 洋文  高橋 邦夫  因幡 和晃 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
水1-4(S513)  
クラス
-
科目コード
TSE.A202
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2019年5月10日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

材料,機械・構造物の変形および応力などの力学的現象に関する基礎的な理論(材料力学)を習得するとともに,身近な例における材料の選択,構造の形状を決定するための方法を学び,応用する能力を養う。本講義では、材料の機械的性質、単純応力および組合せ応力、曲げ、ねじり、曲げとねじりの組合せによる応力と変形、弾性エネルギおよび衝撃荷重、柱の座屈、応力集中、塑性変形とクリープ、疲れおよび破壊、非破壊試験法を学ぶ。

到達目標

本講義を履修することによって、以下の能力を修得する。
1)材料や構造物の設計,製作ならびに維持管理する際に不可欠な「応力」,「ひずみ」などの材料の力学に関する基礎的知識を習得すること。
2)習得した基礎的知識を,身近な例における材料の選択や,部材の形状・寸法の決定に応用できる能力を身につけること。

キーワード

応力、ひずみ、モーメント

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

それぞれのテーマについて講義を行い、授業の後半に演習、グループ学習を行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 材料力学の役割,力と応力 材料力学の役割と力と応力について説明できるようになる。
第2回 応力とひずみ,材料の力学特性,許容応力と安全率 応力とひずみ、材料の力学特性と許容応力と安全率について説明できるようになる。
第3回 棒の引張りと圧縮 棒の引張と圧縮において、応力、ひずみ、変形を求めることができる。
第4回 軸のねじり 軸のねじりにおいて、応力、ひずみ、変形を求めることができる。
第5回 円形断面以外のねじり、はりの曲げ 円形断面以外のねじり、はりの曲げにおいて、応力、ひずみ、変形を求めることができる。
第6回 せん断力図、曲げモーメント図、曲げ応力 はりの曲げにおいて、せん断力図、曲げモーメント図、曲げ応力を求めることができる。
第7回 はりのたわみ はりの曲げにおいて、はりのたわみを求めることができる。
第8回 柱の座屈 柱の座屈荷重、座屈応力を求めることができる。
第9回 複雑な応力(主応力、主せん断応力、モールの応力円、薄肉構造) 複雑な応力を求めることができる。
第10回 エネルギー法(ひずみエネルギー) エネルギー法を理解する。
第11回 相反定理、カスチリアノの定理、仮想仕事の原理、最小ポテンシャルエネルギー原理 相反定理、カスチリアノの定理、仮想仕事の原理、最小ポテンシャルエネルギー原理
第12回 骨組構造(トラス、ラーメン) 骨組構造における荷重と変位を求めることができる。
第13回 マトリックス変位法、有限要素法の基礎 マトリックス変位法、有限要素法の基礎を理解する
第14回 材料強度と設計 材料強度と設計に関する指針を理解する
第15回 塑性、構成式、降伏条件、応力集中 塑性、構成式、降伏条件、応力集中を理解する

教科書

JSMEテキストシリーズ「材料力学」,日本機械学会

参考書、講義資料等

辻 知章 著,「なっとくする材料力学」,講談社
Beer, Johnston, DeWolf, Mazurek, Mechanics of Materials, McGraw Hill.

成績評価の基準及び方法

演習(35%)と中間試験・レポート(65%)により評価する。

関連する科目

  • LAS.P101 : 力学基礎1
  • LAS.P102 : 力学基礎2

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

その他

Web ラーニングプラザ(http://weblearningplaza.jst.go.jp/)の材料力学基礎知識コースが参考になります。

このページのトップへ