2019年度 統計とデータ解析   Statistics and Data Analysis

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
融合理工学系
担当教員名
花岡 伸也  高橋 史武  相樂 洋  川崎 智也 
授業形態
講義 / 演習
曜日・時限(講義室)
水3-4(S621)  金3-4(S621)  
クラス
-
科目コード
TSE.M204
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
2019年5月30日
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

実験、調査、シミュレーションなどで得られる数値データの整理・解釈に必要となる統計的手法や解析法、推定・検定の理論と実践について、講義と演習を通じて学ぶ。

到達目標

統計・データ解析に関する基礎的事項を習得するとともに、確率分布推定、仮説検定、相関分析、回帰分析、多変量解析の手法を身につける。

キーワード

確率,統計,データ分析

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

講義と演習の組合せを基本とし,後半に統計の技術を用いたグループワークを実施する.演習は毎回の講義内容の理解度確認のために実施する.前回演習の復習を10分,講義を60分,演習を20分.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 統計・確率の基礎(1)確率の考え方 集合論,確率変数,ベイズの定理
第2回 統計・確率の基礎(2)確率分布の基礎 確率分布の基礎,正規分布等
第3回 統計・確率の基礎(3)様々な確率分布 二項分布,ポアソン分布
第4回 統計・確率の基礎(4)様々な確率分布 指数分布,超幾何分布
第5回 統計・確率の基礎(5)重要な定理と補足 大数の法則,中心極限定理,等
第6回 中間テスト 中間テスト
第7回 推定・検定(1)母集団と標本 母集団と標本,標本抽出手法
第8回 推定・検定(2)統計的推定 点推定,区間推定の理論と適用
第9回 推定・検定(3)仮説検定 仮説検定の理論と適用
第10回 多変量解析(1)主成分分析 主成分分析の理論と適用
第11回 回帰分析・相関分析 回帰分析,相関分析
第12回 多変量解析(2)数量化理論 数量化理論I,II,III類
第13回 グループワーク 概要とディスカッション グループワークの説明とディスカッション
第14回 多変量解析(3)その他の多変量解析手法 因子分析,クラスター分析
第15回 グループワーク発表会 グループワーク発表会

教科書

伊藤,亀田(監訳),能島,阿部(訳)(2007) 改訂 土木・建築のための確率・統計の基礎, 丸善株式会社

参考書、講義資料等

特になし.

成績評価の基準及び方法

演習 35%,グループワーク 15%,中間・期末試験 50%

関連する科目

  • なし

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ