2021年度 建築計画学特論第二   Theories in Architectural Planning II

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
建築学コース
担当教員名
藤井 晴行 
授業形態
講義    (ZOOM)
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
ARC.P501
単位数
2
開講年度
2021年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2021年3月19日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

To learn and understand the fundamental structure of scientific explanation in design and planning science.

到達目標

To master a methodology of design scince.

実務経験のある教員等による授業科目等

該当する 実務経験と講義内容との関連(又は実践的教育内容)
Some of the case studies are given from a point of view of a professional architect as well as a design scientist and practitioner.

キーワード

Design Science, Architectural Planing and Design

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

Reading assignment and discussion in the class, and Small hands-on projects.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 Methodology and Practice of Design Science Retrospection of design experience, definition of design problems, etc.

教科書

TBA

参考書、講義資料等

Hand-outs

成績評価の基準及び方法

Class participation and contribution: the frequency of responses to inquiries and claims made in the class.
Report: the total quality, the capacity of handling the methodology of design science (, optional: the significance of the subject)

関連する科目

  • ESD.C401 : デザイン理論

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

Knowledge and skill to design something. Logical and mathematical thinking

このページのトップへ