2019年度 都市開発事業の基礎   Introduction to Urban Development

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
都市・環境学コース
担当教員名
中井 検裕 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
金3-4(W9-607)  
クラス
-
科目コード
UDE.D447
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2019年4月4日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

都市開発事業を行うにあたって最低限必要な不動産の権利に関する知識を解説し、実際の事業について主として制度の側面から講述する。また、都市開発事業で必要となる資金面の計画について、近年の状況を踏まえて解説する。
都市開発事業について、主体、仕組み、手順、計画策定、資金計画などの基礎知識を習得させ、都市開発が市街地の形成に果たす役割を理解させる。

到達目標

本講義を履修することによって次の能力を習得する。
1)都市開発事業の種類と仕組みを理解する
2)都市開発事業の事業計画を理解する
3)都市開発事業の企画に必要な知識を獲得する

キーワード

都市開発事業、土地区画整理事業、市街地再開発事業、事業計画、開発金融、不動産の権利

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

講義を主体とするが、学期中数回、講義中に演習問題を解答させる

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 不動産の権利:所有の権利 不動産の定義、不動産の所有権の理解
第2回 不動産の権利:利用の権利 不動産の利用権の理解
第3回 都市開発事業の主体・仕組み・手順 都市開発事業の概論の理解確認
第4回 土地区画整理事業の仕組み 土地区画整理事業の仕組みの理解確認
第5回 市街地再開発事業の仕組み 市街地再開発事業の仕組みの理解確認
第6回 事業計画の構造 事業計画の内容の理解確認および簡単な事業計画の作成
第7回 都市開発事業と金融 不動産開発金融の基礎知識の理解確認
第8回 都市開発事業の未来および理解度確認総合演習 理解度確認のための総合演習

教科書

独自の資料をOCWにアップする

参考書、講義資料等

未定

成績評価の基準及び方法

小演習(30%)と期末試験(70%)。都市開発事業の基礎知識の習得度によって評価する。

関連する科目

  • UDE.D413 : 都市再開発論

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

中井検裕 nakai.n.aa[at]m.titech.ac.jp

オフィスアワー

メールで事前予約すること

このページのトップへ