2019年度 学士特定演習(数理・計算科学系)   Independent Research Exercises(MCS)

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
数理・計算科学系
担当教員名
-
授業形態
演習
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
MCS.Z390
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
1-2Q
シラバス更新日
2019年4月10日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

本演習では,先行研究の調査,研究の進め方,報告書の作成,発表の方法など,研究の基礎的な手法を修得する.

到達目標

研究の仕方の基礎を学ぶ.

キーワード

研究の手法

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

指導教員の指導による

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 基礎的研究スキルの修得 指導教員の指導に従う

教科書

特に定めない

参考書、講義資料等

特に定めない

成績評価の基準及び方法

指導教員による

関連する科目

  • 特になし

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

数理・計算科学系の学生で,研究室に所属していること

このページのトップへ