2020年度 錯体設計化学特論第二   Advanced Molecular Design of Metal Complexes II

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
応用化学コース
担当教員名
村橋 哲郎 
授業形態
講義
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
月1-2(Zoom)  
クラス
-
科目コード
CAP.A464
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2020年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

[講義の概要] 本講義では、金属錯体の反応設計に関わる基本的な考え方を講義する。
[講義のねらい] 金属錯体は、反応化学、触媒科学、材料科学等に広く利用されており、現代化学においてその重要性は高まっている。錯体の反応を制御することは、無機合成化学において必要不可欠であるのみならず、有機合成のための金属試薬や触媒を開発する際に重要となる。本講義では、主として均一系での錯体反応を取り上げる。学生は、錯体反応を系統的に理解し、錯体反応機構に関する基本概念を習得する。また、金属錯体の構造―反応活性相関を理解する。

到達目標

本講義を履修することによって次の能力を習得する。
1) 金属錯体の反応性をその構造に基づいて推定できる。
2) 金属錯体の反応機構について説明できる。

キーワード

金属錯体、配位化学、配位結合、配位子設計、反応機構、反応速度論、立体化学、均一系触媒

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

本講義は、(1)金属錯体の反応解析、(2)配位子交換反応機構、(3)酸化還元機構の順番で進める。そして最終回に、理解度確認のための演習と解説を実施する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 化学反応概論 反応化学の基礎を理解し、説明できる。
第2回 金属錯体の反応機構解析手法 金属錯体の反応機構を解析するための主要な方法について理解できる。
第3回 配位子交換反応の機構 配位子交換反応の機構を解析する方法について説明できる。
第4回 補助配位子効果 補助配位子が金属錯体の反応において重要な役割を果たすことを説明できる。
第5回 配位子変換反応の機構 代表的な配位子変換反応の機構について説明できる。
第6回 金属錯体の酸化還元機構 錯体が関わる電子移動の機構について理解できる。
第7回 理解度確認のための演習と解説 演習により総合的な理解度を高め、到達度を自己評価する。

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

未定

参考書、講義資料等

講義資料は講義中に配布する。

成績評価の基準及び方法

期末試験(80%)と授業参加度(20%)(授業参加度は授業での小テストなどにより算出する)。

関連する科目

  • CAP.A463 : 錯体設計化学特論第一
  • CAP.A561 : 有機遷移金属錯体化学第一
  • CAP.A562 : 有機遷移金属錯体化学第二
  • CAP.I403 : 錯体化学特論
  • CAP.T431 : 有機金属触媒化学特論第一
  • CAP.T432 : 有機金属触媒化学特論第二

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修条件は設けないが、錯体設計化学特論第一(CAP.A463)を履修していることが望ましい。

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

村橋哲郎 mura[at]apc.titech.ac.jp

オフィスアワー

メールで事前予約すること。

このページのトップへ