2019年度 有機遷移金属錯体化学第一   Advanced Chemistry of Transition Metal Complexes I

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
応用化学コース
担当教員名
高尾 俊郎 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
月1-2(S423)  
クラス
-
科目コード
CAP.A561
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

[講義の概要] 本講義では、有機金属錯体の基礎についてアルキル錯体、ヒドリド錯体、カルボニル錯体、オレフィン錯体など、有機金属錯体を構成する特徴的な配位子の化学について、それらの合成法や反応性について解説する。
[講義のねらい] 有機遷移金属錯体を構成する個々の配位子の特長を理解することは、遷移金属錯体を触媒とした様々な反応を理解するため、および新しい触媒反応を設計するために必須である。本講義では代表的な配位子の化学を通じて有機遷移金属錯体化学の基礎を学ぶことを目的とする。

到達目標

本講義を履修することによって次の能力を修得する。
1) d軌道と配位子とのπ相互作用について説明できる。
2) 18電子則を説明できる。
3) アルキル錯体、ヒドリド錯体の合成法および反応性を説明できる。
4) カルボニル錯体、ホスフィン錯体の性質を説明できる。
5) アルケンおよびアルキン錯体の性質を説明できる。

キーワード

配位子場理論、18電子則、アルキル錯体、ヒドリド錯体、カルボニル錯体、ホスフィン錯体、アルケン錯体、アルキン錯体、σ錯体、π錯体、供与・逆供与

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - - -

授業の進め方

この講義では、まず遷移金属と配位子との相互作用について説明し、アルキル配位子、ヒドリド配位子、カルボニル配位子などの個々の配位子の化学および特長について解説する。最終日には理解度確認のための期末試験を実施する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 配位子場理論 d軌道と配位子との相互作用を説明できる
第2回 18電子則 18電子側を用いて錯体の電子数を求めることができる。
第3回 アルキル、アリール錯体および関連するσ配位型の配位子 アルキル錯体の合成法と反応性を説明できる。
第4回 ヒドリド錯体 ヒドリド錯体の合成法と反応性を説明できる。
第5回 カルボニルおよびホスフィン錯体 カルボニルおよびホスフィン錯体の性質や反応性を説明できる。
第6回 アルケンおよびアルキン錯体 アルケンおよびアルキン錯体錯体の性質や反応性を説明できる。
第7回 アリル、ジエン、シクロペンタジエニル、アレーン錯体 多座の不飽和炭化水素配位子の性質を説明できる。
第8回 理解度確認のための演習と解説 第1~7回の講義内容を理解し、演習問題に解答できる。

教科書

Robert H. Crabtree著、 “The Organometallic Chemistry of the Transition Metals” 6th Ed., ISBN: 978-1-118-13807-6

参考書、講義資料等

1) 山本明夫著、「有機金属化学 -基礎と応用―」裳華房、ISBN: 978-4785333010
2) 授業で扱う全ての資料は、事前にOCW-iにアップする。

成績評価の基準及び方法

期末試験(90%)、授業参加度(10%)(授業参加度は授業中の小テストなどにより算出する)

関連する科目

  • CAP.A372 : 無機化学(理論2)
  • CAP.A373 : 無機化学(錯体化学)
  • CAP.A562 : 有機遷移金属錯体化学第二
  • CAP.A463 : 錯体設計化学特論第一
  • CAP.A464 : 錯体設計化学特論第二

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件は設けないが、無機化学(理論2)(CAP.A372)および無機化学(錯体化学)(CAP.A373)を履修していることが望ましい。

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

高尾俊郎 (takao.t.aa[at]m.titech.ac.jp; 内線2580)

オフィスアワー

メールで事前予約すること。

このページのトップへ