2016年度 人間安全工学   Human Safety Engineering

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
機械系3専攻
担当教員名
初澤 毅  宮崎 祐介  箭内 博行  八木 透  中村 聡  小栗 慶之  伊能 教夫 
授業形態
講義
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
ZSK.D430
単位数
1
開講年度
2016年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2016年4月27日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

機械、電気、化学など各工学分野の立場から生体に対する安全性や、人間工学に対する考え方を論じる。

到達目標

安全性に関する知識を得て、実践に利用する。

キーワード

安全性、防止、放射線、医療機器

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

毎回の授業で出席を取ります。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 化学・生物・環境分野における安全の考え方 第1回講義に関する課題提出
第2回 医療機器の安全について 第2回講義に関する課題提出
第3回 放射線安全管理の考え方と方法 第3回講義に関する課題提出
第4回 衝撃をうける人体の挙動と障害防止 第4回講義に関する課題提出
第5回 電気関係の安全について 第5回講義に関する課題提出

教科書

指定なし

参考書、講義資料等

講義資料は講義中に配布する。

成績評価の基準及び方法

出席およびレポートで成績評価する。

関連する科目

  • ZSK.D431 : 人体機能学

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修条件は特に設けないが,関連する科目を履修していることが望ましい。

このページのトップへ