2019年度 マーケティング   Marketing

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
経営工学系
担当教員名
鍾 淑玲 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火3-4(W932)  金3-4(W932)  
クラス
-
科目コード
IEE.D203
単位数
2
開講年度
2019年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2019年9月19日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

本講義では、テキストに沿って、マーケティングの基礎的な概念を体系的に論じる。まず、マーケティングとは何か、企業組織におけるマーケティングの位置づけについて説明する。次に市場環境と顧客を理解し、マーケティング機会の分析に関する講義を行う。その後、市場細分化戦略を実行する方法を説明する。さらに、マーケティング・ミックス4Pの製品戦略、価格戦略、流通チャネル戦略、マーケティング・コミュニケーション戦略について、事例を取り入れながら議論していく。
本講義のねらいは、マーケティングの基礎的概念を習得することである。また、グループワークを通して、日常の出来事について、マーケティングの視点から考えることができるようにすることである。

到達目標

本講義を履修することによって次の能力を修得する。
1)マーケティングの重要性、概念と課題を説明できる。
2)市場細分化戦略の基準と方法を説明できる。
3)マーケティング・ミックス4Pを理解し、顧客に価値を提供する方法を説明できる。

キーワード

マーケティング、顧客価値、ブランド、STP戦略、マーケティング・ミックス4P

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

講義、グループワークと学生によるプレゼンテーション

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 マーケティングの定義と中核概念 マーケティングの定義と中核概念の確認
第2回 戦略計画とマーケティング・プロセス 教科書の第2章の復習
第3回 マーケティング環境とマーケティング・リサーチ/グループワーク 1 1回目のレポート(マーケティング環境の分析)の作成と提出
第4回 顧客価値、顧客満足、消費者の購買行動  顧客価値、顧客満足の確認
第5回 市場細分化、標的市場の選択およびポジショニング/グループワーク 2 2回目のレポート(STP戦略の考察)の作成と提出
第6回 製品戦略(1)-製品戦略、ブランド戦略 製品戦略、ブランド戦略の要素の確認
第7回 製品戦略(2)-新製品開発と製品ライフサイクル 製品ライフサイクル、新製品開発のプロセスの確認
第8回 価格戦略/グループワーク 3 3回目のレポート(製品戦略と価格戦略の考察)の作成と提出
第9回 流通チャネル戦略(1)-チャネル設計 チャネルの役割、プッシュ戦略とプル戦略の違いの確認
第10回 流通チャネル戦略(2)-小売、卸売、ロジスティクス 小売業のマーケティング戦略の復習
第11回 マーケティング・コミュニケーション戦略(1)-統合型マーケティング・コミュニケーション/グループワーク 4 4回目のレポート(流通チャネル戦略とコミュニケーション戦略の考察)の作成と提出
第12回 マーケティング・コミュニケーション戦略(2)-マーケティング・コミュニケーション・ミックスの各要素 マーケティング・コミュニケーション・ミックスの確認、広告と販売促進の違いの説明
第13回 グループワークの最終成果報告(1) プレゼンテーションの準備と報告
第14回 グループワークの最終成果報告(2) プレゼンテーションの準備と報告
第15回 全体の講義のまとめ

教科書

和田充夫、恩蔵直人、三浦俊彦、『マーケティング戦略第5版』、有斐閣、2016年。

参考書、講義資料等

講義で使用するPower-pointファイルは事前にOCWを介し開示するので予習/復習に用いること。

成績評価の基準及び方法

グループワークおよびレポート 60% (レポートは1回10点×4回、成果報告は20点)
期末試験 40%   
*学期中不定期的に5~7回の出席を取る予定です。欠席した場合は減点します。

関連する科目

  • IEE.D201 : 経営管理論
  • IEE.D301 : 経営戦略・組織論
  • IEE.D431 : 流通論

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

経営管理論を履修していること、または同等の知識があること。

その他

講義内容および講義スケジュールは進行状況によって変更する可能性がある。

このページのトップへ