H31年度 情報通信工学統合論II   Communications and Computer Engineering II

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
情報通信コース
担当教員名
中原 啓貴  高木 茂孝  高橋 篤司  中本 高道  一色 剛  杉野 暢彦  本村 真人  原 祐子 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
月1-2(S421)  木1-2(S421)  
クラス
-
科目コード
ICT.A413
単位数
2
開講年度
H31年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
H31年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

現代の情報通信システムは,情報通信工学の膨大な知見を基盤として構築されている.将来,情報通信分野の研究者や関連産業の経営幹部候補として活躍していくためには細分化された分野の基本概念を個別に学ぶだけでは不十分であり,情報通信システムの土台となるVLSI・計算機システム分野を統合して理解する視座を獲得しておく必要がある.本講義では,情報通信工学の中で特にVLSI・計算機システム分野の骨格を構成する重要なアイディアを厳選し,これらを相互に関連付けて体系的に解説することにより,情報通信システムにおけるこれらの役割を理解し,上記の視座を獲得する一助となることをねらいとしている.

到達目標

 本講義を履修することによって次の能力を修得する
1) VLSI・計算機システム分野の重要なアイディアを相互に関連付けて理解できるようになる.
2) 情報通信システムにおけるこれらの役割を理解し,VLSI・計算機システム分野を統合して理解する視座を身につける.

キーワード

VLSI・計算機システム

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - - -

授業の進め方

全体を通して基礎的な内容を俯瞰したのち,発展的応用的内容についての解説に充てる

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 アナログ集積回路1:基礎 アナログ集積回路の概要を説明できるようになる
第2回 アナログ集積回路2:合成 アナログ集積回路の合成の概要を説明できるようになる
第3回 デジタル集積回路1:基礎 デジタル集積回路の概要を説明できるようになる
第4回 デジタル集積回路2:合成 デジタル集積回路の合成の概要を説明できるようになる
第5回 論理関数とFPGA1:基礎 論理関数とFPGAの概要を説明できるようになる
第6回 論理関数とFPGA2:合成 論理関数とFPGAの合成の概要を説明できるようになる
第7回 計算機システム1:ディープニューラルネット ディープニューラルネットなどの計算機システムの概要を説明できるようになる
第8回 マイクロプロセッサ1:命令セットアーキテクチャ マイクロプロセッサの概要を説明できるようになる
第9回 マイクロプロセッサ2:プロセッサマイクロアーキテクチャ マイクロプロセッサのプロセッサマイクロアーキテクチャの概要を説明できるようになる
第10回 コンパイラ1:基礎 コンパイラの概要を説明できるようになる
第11回 コンパイラ2:コード最適化手法 コンパイラのコード最適化手法の概要を説明できるようになる
第12回 組み込みシステム1:基礎とRTOS 組み込みシステムの概要を説明できるようになる
第13回 組み込みシステム2:組み込みハードウエア合成 組み込みシステムの合成の概要を説明できるようになる
第14回 高位合成言語を用いたデジタル集積回路設計 高位合成言語を用いたデジタル集積回路設計の概要を説明できるようになる
第15回 計算機システム2:センサシステム センサシステムなどの計算機システムの概要を説明できるようになる

教科書

なし

参考書、講義資料等

必要に応じ講義開始時に資料を配付する

成績評価の基準及び方法

到達目標の達成度をレポートまたは演習等により評価する

関連する科目

  • ICT.A402 : 情報通信工学統合論I

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件を設けない

このページのトップへ