2019年度 幾何学的非線形制御   Nonlinear Control: Geometric Approach

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
システム制御コース
担当教員名
三平 満司 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
金7-8(S422)  
クラス
-
科目コード
SCE.C532
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

微分幾何学に基づいた非線形制御理論について講義する.まず,微分幾何学の基礎概念(ベクトル場,Lie微分,Lie bracket)などについて解説した後,非線形状態方程式の基礎的概念(可識別性,可操作性),状態方程式の厳密な線形化,入出力の厳密な線形化,線形誤差応答オブザーバーなどについて講義する.

線形状態方程式で表されるシステムに対しては,行列論などを用いることにより解析・制御系設計ができる.しかし,その拡張である非線形状態方程式では行列論の代わりに微分幾何学が重要な役割を示す.本講義では微分幾何学を用いることにより非線形システムの解析や設計ができることを理解し,応用できる力を身につけることができる.

到達目標

本講義を履修することによって次の能力を修得する.
1) 微分幾何学の基礎概念を理解して,システムの可制御性・可観測性が説明できる.
2) 微分幾何学に基づいた非線形制御理論を理解し,制御系設計(線形化,オブザーバ)ができる.

キーワード

微分幾何学,非線形システム,非線形状態方程式,線形化,非線形オブザーバ

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - - -

授業の進め方

講義の後半で,その日の教授内容に関するテストを行います.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 微分幾何学と非線形状態方程式 微分多様体を理解する. 機械系の非線形状態方程式をもとめることができる.
第2回 ベクトル場と座標変換 ベクトル場を理解する. ベクトル場の座標変換ができる.
第3回 Lie微分とシステムの可識別性 Lie微分を理解する. Lie微分を用いてシステムの可識別性(可観測性)がチェックできる.
第4回 Lie bracketとシステムの可操作性 Lie bracketを理解する. Lie bracketを用いてシステムの可操作性(可制御性)がチェックできる.
第5回 非線形状態方程式の近似線形化と厳密な線形化 非線形状態方程式の近似・厳密線形化を理解する. 非線形システムを線形化できる.
第6回 非線形状態方程式の厳密な線形化の証明 厳密な線形化の証明を理解する.
第7回 入出力の厳密な線形化 入出力の厳密な線形化を理解する. システムを入出力線形化できる.
第8回 線形誤差応答オブザーバ 線形誤差オブザーバを理解する. 線形誤差オブザーバを設計できる.

教科書

資料をOCWiで配布する

参考書、講義資料等

石島・島・石動・山下・三平・渡辺: 非線形システム論,コロナ社
Hassan K. Khalil: Nonlinear Control, Prentice Hall (2014)
Alberto Isidori: Nonlinear Control Systems, Springer; 3rd ed.(1995)

成績評価の基準及び方法

微分幾何学の理解とそれを用いた非線形制御理論に対する理解度を評価する.
毎回演習課題を課し,評価する.

関連する科目

  • SCE.C201 : 動的システム基礎
  • SCE.C301 : 線形システム制御論

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

状態方程式に基づいた線形システム理論に対する基礎的な知識を有すること.
(状態方程式,可制御性,可観測性,状態フィードバック,オブザーバ)

このページのトップへ