H30年度 熱流体先端計測   Advanced Thermal-Fluids Measurement

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
機械コース
担当教員名
木倉 宏成  齊藤 卓志 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
木3-4(S622)  
クラス
-
科目コード
MEC.E433
単位数
1
開講年度
H30年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
H30年3月20日
講義資料更新日
H31年1月14日
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

本講義では,流動場,温度場の計測手法を説明する。具体的には,計測対象が有する物性の利用,必要に応じたマーカーの投入,光源としてのレーザー利用など,実際の計測に必要なポイントを適切な事例とともに紹介する。
これらの測定法を理解は,エネルギー分野や製造プロセスで重要となる熱流動現象を詳細に解明することに役立つ。

到達目標

本講義を履修することにより,次の能力を習得する。
1)熱流動の可視化/計測に利用する物理現象のメカニズムを説明する能力
2)熱流動の可視化/計測に利用する熱物性の意味を説明する能力
3)対象とする熱流動現象を可視化/計測するために必要な手法を提案する能力

キーワード

温度,速度,圧力,粘度,レーザー

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

講義の後半で,その日の教授内容に関する演習問題に取り組みます。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 熱流体先端計測概論 熱流体先端計測概論の理解
第2回 流れ場計測と可視化技術 流れ場計測と可視化技術の理解
第3回 単相流計測(ニュートン流体、非ニュートン流体) 単相流計測(ニュートン流体、非ニュートン流体)の理解
第4回 混相流計測(気液二相流、沸騰二相流、蒸気流、固気液多相流) 混相流計測(気液二相流、沸騰二相流、蒸気流、固気液多相流)の理解
第5回 温度計測(接触法,非接触法) 温度計測(接触法,非接触法)の理解
第6回 熱物性計測(密度・粘度,熱量・比熱・潜熱,熱伝導率) 熱物性計測(密度・粘度,熱量・比熱・潜熱,熱伝導率)の理解
第7回 熱流束計測(間接法,各種熱流束センサー,熱伝達率との関係) 熱流束計測(間接法,各種熱流束センサー,熱伝達率との関係)の理解
第8回 材料加工における熱流動現象(溶融高分子を例として) 材料加工における熱流動現象の理解

教科書

必要に応じて資料を配布

参考書、講義資料等

特に定めない

成績評価の基準及び方法

1)熱流動現象を解明するための流れ場計測,温度場計測,物性値計測に関する理解とその応用力を評価
2)配点は演習問題(30%)と,レポート課題(70%)。
3)到達目標の1)~2)を各30点,3)を40点で評価

関連する科目

  • 基礎流体力学
  • 実在流体力学

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件を設けない

その他

担当教員の都合により授業計画を変更することがある

このページのトップへ