2016年度 国際ライティング実践   International Writing

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
ライフエンジニアリングコース
担当教員名
TAKEUCHI CRAIG STACY 
授業形態
講義
メディア利用
 
曜日・時限(講義室)
月7-8(J232)  
クラス
-
科目コード
HCB.C541
単位数
1
開講年度
2016年度
開講クォーター
1Q
シラバス更新日
2016年4月27日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

本コースは、英文での学術的な交流に興味がある学生のためのコースで、講師は大学や企業での研究および科学英語の執筆・編集に経験豊かなネイティブスピーカーが担当します。 講師は、学生が化学分野での実用的な英文作成を少人数のチャレンジングな、しかし、リラックスした雰囲気の中で学べるように手助けします。個人授業に近い形で高いレベルの個別指導を受けることができます。本コースは、英語で国際的活躍をめざす大学院生に適していま

到達目標

コースが終了時には、 以下のことができるようになる:
1) ひとや事柄、場所を記述する
2) 手順とプロセスを記述する
3) 何かする方法または何かを作る方法についての指示を記述する
4) 仕様書を使って説明を書く
5) 求職ためにレジュメまたは履歴書を書く
6) 受理または拒否電子メールを書く  

キーワード

科学英語論文、E-メール、英語履歴書

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

クラスでは、学生に講義のトピックを知らせて、研究における興味深い文書技術を使う頻度を尋ね、例を挙げさせ、学生がペアになって問題についての議論をさせ、書く練習をし、クラス全体で議論し、宿題を出します。  

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 コースの説明:クラスのルールとオリエンテーション  学生は自分の紹介や自分について記述できる
第2回 対象の記述方法:構造を記述する色;形;特性やさらなる特徴などを表現する語彙を使って記載する 物体の物理的な特徴を記述するための方法や語句がわかる
第3回 人々を身体的特性、または特徴で記載する方法:人を、その人の顔の特徴;体形;身体の特徴や生理的特徴を示す語彙を使って記載する 人について身体的な特徴や一般的な特徴を記載できる
第4回 何かを使う、作る、または修理する手順またはプロセスを記載または説明するための記載方法  マニュアルや使用方法のような手順書を書くことができる
第5回 説明文を製作して、科学用語のために簡単な広範な定義を与える記載方法 簡単な広範な定義を使って、説明文を書くことができる
第6回 概要をまとめ、統括文を書くための基本的な記述方法 概要をまとめ、統括文を書くことができる
第7回 承諾、拒絶、情報提供やカバーレターをE-メールを書く方法  E-メールで、拒否、承諾、情報提供ができる。
第8回 レジメや履歴書、カバーレターを書く方法 レジメや履歴書、カバーレターを書くことができる。

教科書

未定

参考書、講義資料等

未定

成績評価の基準及び方法

宿題、クラス内での課題、中間と最終試験の結果を総合的に判断する

関連する科目

  • LST.A505 : バイオアカデミックライティング第二

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ