2018年度 デザイン工学   Design Engineering

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
機械系
担当教員名
齊藤 滋規  葭田 貴子  因幡 和晃 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
金1-2(石川台3号館201A号室,石川台5号館デザイン工房)  
クラス
-
科目コード
MEC.H231
単位数
1
開講年度
2018年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2018年10月19日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

本講義のねらいは,新たなプロダクトを創出するためのデザインとエンジニアリングを統合する手段を学ぶことにある.具体的には,プロダクト開発(広義のプロダクトデザイン)における思考方法や方法論を学び,習熟することによって,その能力を高めていくことである.
この講義において,受講生は,新しいアイデアを生み育て,デザインスキルを磨き,人間中心のイノベーションに至る方策を学ぶプロセスを体験する.

到達目標

・新たなプロダクトをデザインするプロセスを理解すること
・デザインにおける問題を発見・定義する能力を向上させること
・創造的思考のための技術を学ぶこと
・ユーザーのことを探究するための方法を学ぶこと
・いかにデザインが人々,社会,環境にインパクトを与えうるかを理解すること

キーワード

デザインエンジニアリング,デザインプロセス,デザイン思考,創造性,ユーザーリサーチ

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力

授業の進め方

この授業はデザインプロジェクトに必要な知識を提供し、学生はそれを活用する。学生は「デザインノートブック」に各々の進捗を記録する.最後の講義において、それまでのデザインプロセスと成果物についてのプレゼンテーションを行う。
グループワークの内容:デザイン課題にもとづき、5,6名の学生が問題を再定義し、ユーザーリサーチを実行し、新たなデザインコンセプトを創造する。メンバーはプロトタイプの創造をとおしてアイデアを表現し、プロトタイプがどのように使われるのかのシナリオをデモンストレーションする。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 エンジニアリングデザインへのイントロダクション, デザインプロジェクト(テーマ、スケジュール、成績評価) 技術的なイノベーションにおけるエンジニアリングデザインの役割と重要性を理解する
第2回 デザイン思考アプローチ デザイン思考のアプローチにおける方法論やツールについて理解を深める
第3回 プロダクトプランニング,カスタマーニーズの発見・定義,プロダクトの仕様決定 顧客ニーズをどのように収拾するかを理解する
第4回 システムエンジニアリング,機能分析,プロダクトの構成 システムやプロダクトの構成をどのように記述するかを学ぶ
第5回 創造性とコンセプトデザイン、プロトタイプ アイデア創造の技術的な側面を学ぶ
第6回 人間工学、ユーザビリティテスト 人間工学やユーザビリティテストにおける方法論やツールを学ぶ
第7回 プロダクトのライフサイクルと持続可能性のためのデザイン プロダクトのライフサイクルとその長期的影響の重要性について理解する
第8回 共創デザインが産み出すもの デザインプロセスやデザインが産み出す成果物についてプレゼンテーションを行う

教科書

ENGINEERING DESIGN, A PROJECT-BASED INTRODUCTION (2013) C. Dym, P. Little, E. Orwin. Ed. Wiley. 4th Edition.
UNIVERSAL METHODS OF DESIGN (2012) B. Martin, B. Hanington. Ed. Rockport
プロダクトデザイン 商品開発に関わるすべての人へ (2009) Japan Industrial Designer's Association (JIDA). Collective. ワークスコーポレーション Eds.

参考書、講義資料等

全ての教材をOCW-iに掲載.

成績評価の基準及び方法

・レポート,デザインノート:50%(個人)
・最終プレゼンテーション:40%(チーム)
・参加度合に応じた評点:10%(個人)

関連する科目

  • MEC.Q301 : 機械システムデザイン

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

N/A

このページのトップへ