2017年度 土木・環境工学コロキウム   Colloquium on Civil Engineering

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
土木・環境工学科
担当教員名
渡辺 敦  鈴木 美緒  古川 陽  田村 洋  中村 拓郎  堀越 一輝  瀬戸 里枝  中西 航 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
月5-8(緑が丘1号館2階製図室)  
クラス
-
科目コード
ZUT.N332
単位数
2
開講年度
2017年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2017年4月12日
講義資料更新日
2017年8月7日
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

本講義は、問題調査・プレゼンテーションなど、学生諸君が今後研究を遂行する上で重要な能力・技術の向上を目的として行われるものである。この講義は大きく2つのパートで構成される。
第1パートは来年度研究室に所属予定の3年生に対して、各研究室で行っている研究を簡単に紹介する。このことにより学生諸君に土木・環境工学関連の研究室に対してより一層興味を持ってもらうと同時に、教員による効果的なプレゼンテーション方法を学ぶ機会とする。
第2パートはグループに分かれ、担当教員から与えられたテーマに対して調査、分析、整理などを行い、その内容について各自プレゼンテーションを行う。

到達目標

(1) 担当教員に相談しながら課題を進めることによって、研究課題に対する基本的な取り組み方を学ぶ。
(2) 主体的に課題を進める中で、自己学習、課題の計画的遂行の習慣を身に着ける。
(3) 課題に関する取り組みの成果を、文章を通して他者に伝えることができるようになる。
(4) 課題に関する取り組みの成果を、口頭発表を通して他者に伝えることができるようになる。

キーワード

自己学習、研究調査プロジェクト、テクニカルライティング、プレゼンテーション

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

初回の授業は、教員より各研究分野の紹介を行う。研究紹介終了後、各自異なる研究テーマを選定する。
第2回以降は担当教員に相談しながら各自のテーマに取り組む。そして、調査結果を分析・整理し、論理的かつ明快なプレゼンテーションならびに概要作成ができるよう準備する。プレゼンテーションの機会はグループ内発表会と全体発表会の2回がある。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ガイダンス、分野紹介、希望テーマ調査 各分野の最先端の研究発表を聴講することにより、効果的なプレゼンテーションの方法を学ぶ。
第2回 テーマの設定、調査、分析、整理 担当教員と相談してテーマを設定、調査、整理に着手する。
第3回 調査、分析、整理 担当教員と相談して、調査、整理を行う。
第4回 調査、分析、整理 担当教員と相談して、調査、整理を行う。
第5回 調査、分析、整理 担当教員と相談して、調査、整理を行う。
第6回 調査、分析、整理、概要の作成、発表準備 担当教員と相談して、調査、整理、発表準備を行う。
第7回 グループ内発表会、概要修正、発表準備 前半は発表会で発表および質疑を行い、後半は概要修正と発表準備を行う。
第8回 全体発表会 発表会で発表および質疑を行う。

教科書

関連参考資料を配布する。

参考書、講義資料等

各テーマの担当教員より、参考書等を紹介する

成績評価の基準及び方法

(1) 出席点(20点)
(2) プレゼンテーション(グループ内:5点、全体:15点)
(3) 提出物 (20点)
(4) 課題への取組み態度(40点)

関連する科目

  • 研究プロジェクト(CVE.Z381)

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ