2018年度 学士論文研究(経営システム工学科・早期卒業)   Graduation Thesis

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
経営システム工学科
担当教員名
各教員 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
-
クラス
-
科目コード
ZUP.Z388
単位数
6
開講年度
2018年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2018年4月11日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

学士課程の集大成として、実際の研究課題に取り組むことにより、問題を発見する能力、問題の本質を特定する能力、問題の解決に必要な手法を選択する能力、問題を解決する能力を実践的に修得する。
指導教員の指導のもと自ら研究課題を発見し、主体的に取り組み、その成果を卒業論文としてまとめるとともに口頭発表する。

到達目標

学士論文研究を履修する事により、次の能力を取得する。
(1) 自ら問題を発見する能力。
(2) 問題の本質を見抜く力。
(3) 学士課程で学んだ専門知識を問題解決に結びつける力。
(4) 専門科目で学んだ以外の専門分野を自ら学び問題解決に結びつける力。
(5) 理論的説明力を身につけ、議論を展開し文章にまとめる力。
(6) 自分の研究について他者と効果的にコミュニケーションをおこない議論する力。

キーワード

学士論文、研究発表、問題発見、問題解決、文献調査、コミュニケーション

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力

授業の進め方

指導教員の研究室で行い、実施計画は教員と学生が協議して決定する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ・学士論文研究の進め方に関する指導教員のガイダンス ・研究の方向性について討論 ・文献調査 ・研究課題の決定 ・研究の実施 ・中間報告 ・研究成果のとりまとめと学士論文執筆 ・発表資料の作成と指導教員による発表指導 ・学士論文発表 ・学士論文提出 指導教員の指示に従う。

教科書

特に定めない。

参考書、講義資料等

特に定めない。

成績評価の基準及び方法

研究成果の質を評価する (学士研究論文, 発表)

関連する科目

  • ZUP.Z389 : 学士論文研究(経営システム工学科)

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

学士論文研究(経営システム工学科)を履修する条件を満たしていること。

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

各指導教員

このページのトップへ