2017年度 材料製造プロセスA   Metal Production Process A

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
金属工学科
担当教員名
占部 俊明 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
ZUF.M314
単位数
1
開講年度
2017年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2017年3月17日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

この講義では,鉄鋼材料の塑性加工法とその特性評価について概説する.
この講義のねらいは,変形後の材料の機械的特性を評価できるようになることである.

到達目標

学生は,この講義を履修することによって,鋼板の塑性加工特性を評価できるようになる.

キーワード

塑性加工,鋼板,機械的性質,深絞り成形,結晶構造,高張力綱

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - - -

授業の進め方

非常勤講師による集中講義

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 鉄鋼材料の塑性加工法の説明 担当講師より指示される.

教科書

必要な場合指定される.

参考書、講義資料等

配付資料

成績評価の基準及び方法

課題レポート

関連する科目

  • MAT.M305 : 鉄鋼材料学第一
  • MAT.M306 : 鉄鋼材料学第二
  • MAT.M301 : 金属材料解析

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ