H31年度 エネルギーシステム論 大岡山   Energy system theory 大岡山

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
エネルギーコース
担当教員名
山田 明  末包 哲也  岡崎 健  小原 徹  伊原 学  高橋 史武  七原 俊也  時松 宏治  千葉 恭子  佐藤 剛  鎌田 久美子 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火3-4(W241)  
クラス
大岡山
科目コード
ENR.A407
単位数
1
開講年度
H31年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
H31年4月5日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

エネルギー技術システムの供給側の全分野を,各分野の基礎となる学理に遡って講義することにより,現在社会の基礎となるとなるエネルギー供給システムを理解する。

到達目標

本講義を履修することによって,現在社会のエネルギー供給システム全般を理解することができる。

キーワード

石油・ガス開発, 水素エネルギー, 原子力発電と核燃料サイクル, 太陽光発電, バイオマス, 分散エネルギーシステム, 電力系統システム

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

初回に講義の全体像を説明する。毎回、出席をとる。講義の順番は,OCW-iにて公開する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 末包 哲也(工学院機械系)「炭化水素資源」化石燃料資源の成因や探査手法,また,原油増進回収層を含めた回収プロセスとメカニズム,さらに,マッケルビーに分類に代表される資源量評価やピークオイル説などの資源経済学的な側面を含めて紹介する. 炭化水素資源について説明できる。
第2回 岡崎 健(科学技術創成研究院 グローバル水素エネルギー研究ユニット)「石炭・ガス化・水素」世界最高性能のクリーン高効率石炭火力、石炭ガス化複合発電によるさらなる高効率化について解説するとともに、究極のクリーンエネルギーであるCO2フリー水素の現状と将来動向を述べる。 石炭・ガス化・水素について説明できる。
第3回 小原 徹(科学技術創成研究院 先導原子力研究所)「原子力発電と核燃料サイクル」原子力発電システムの概要と原子力発電を支える物質の流れである核燃料サイクルについて解説する。原子力発電の有する特長についての理解を深めることを目指す。 原子力発電と核燃料サイクルについて説明できる。
第4回 山田 明(工学院電気電子系)「太陽光発電」 再生可能エネルギーの一つである太陽光発電システムについて概観する。太陽光発電システムの概要,太陽光発電システムの重要性,太陽光発電の将来について講義する。 太陽光発電について説明できる。
第5回 伊原 学(物質理工学院応用化学系) 「分散型スマートエネルギーシステムと水素エネルギー」 パリ合意により大幅なCO2排出量の削減が求められている。本講義では再生可能エネルギー導入促進のための必要な分散型スマートエネルギーシステムと水素エネルギーの役割について講述する。 分散型スマートエネルギーシステムと水素エネルギーについて説明できる。
第6回 吉川 邦夫(環境・社会理工学院 融合理工学系) 「廃棄物・バイオマスの有価物への転換技術」 無価値と考えられている廃棄物やバイオマスの有価物への転換技術について、その原理と応用の実際を紹介する。 廃棄物・バイオマスの有価物への転換技術について説明できる。
第7回 七原 俊也(工学院電気電子系) 「電力システム」 電力システムの構成について概説し,そのエネルギーシステムとしての特徴を講述する。また近年の再生可能エネルギー発電の大量導入が電力システムに及ぼす影響について概説する。 電力システムの構成について説明できる。
第8回 まとめ エネルギーサプライを説明できる。

教科書

特になし

参考書、講義資料等

講義中配布資料

成績評価の基準及び方法

講義中の簡単なクイズもしくは、レポート課題にて評価する。

関連する科目

  • ENR.A408 : エネルギーシステム経済論
  • ENR.A401 : エネルギー基礎学理第一
  • ENR.A402 : エネルギー基礎学理第二
  • ENR.A405 : エネルギーマテリアル論第一
  • ENR.A406 : エネルギーマテリアル論第二
  • ENR.A403 : エネルギーデバイス論第一
  • ENR.A404 : エネルギーデバイス論第二

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ