2016年度 エネルギー学理実践研究A   Practical research in energy science A

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
エネルギーコース
担当教員名
指導教員  山田 明  斎藤 礼子 
授業形態
    
曜日・時限(講義室)
未定  
クラス
-
科目コード
ENR.E607
単位数
1
開講年度
2016年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2016年4月27日
講義資料更新日
2016年1月22日
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

博士課程研究の進捗状況に関する報告を行う。研究の意義を伝える技術を身につけるとともに、質疑を通じて研究の現状と問題点を把握する。

到達目標

各自の研究の意義を正しく伝えるとともに、研究を進めていくための戦略を考える力を身につける。

キーワード

プレゼンテーション,分析・統合

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

発表準備,発表練習,発表の質に対する指導教員の確認,発表,レポート作成の一連のプロセスを行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 学生と教員の協議により実施計画を作成する。 到達目標により設定する。

教科書

必要に応じて指定する。

参考書、講義資料等

必要に応じて指定する。

成績評価の基準及び方法

報告書もしくは必要に応じて発表を加味して指導教員が評価する。

関連する科目

  • 特になし

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし

このページのトップへ