2017年度 有機構造化学   Structural Organic Chemistry

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
化学系
担当教員名
工藤 史貴  鷹谷 絢  豊田 真司 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
月5-6(H136)  木5-6(H136)  
クラス
-
科目コード
CHM.D332
単位数
2
開講年度
2017年度
開講クォーター
3Q
シラバス更新日
2017年3月17日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

【概要】 本講義では,有機化合物の構造決定に用いられる各種分析方法の原理を理解し,有機低分子の各種スペクトル解析による構造決定ができるようになるように教育します。さらに,有機化合物の安定構造や反応性を支配する立体電子効果などの考え方を学び,有機化合物の振る舞いについての感覚が身につくように教育します。
【ねらい】 1H NMR, 13C NMR, 二次元NMR、質量分析、赤外吸収スペクトル、可視紫外吸収スペクトル、有機化合物の構造、立体電子効果に関して学び、有機化合物の構造を有機化学的に説明し、さらに人に伝わるように描けるようになることを目的とします。

到達目標

本講義を履修することによって次の能力を修得する.
1)有機化合物の1H-NMR, 13C-NMR、各種二次元NMRスペクトルを解析することができる。
2)有機化合物の質量分析方法を理解し、質量スペクトルを解析することができる。
3)有機化合物の構造と反応性を,立体電子効果などの考え方に基づき理解することができる。

キーワード

NMR、質量分析、赤外吸収スペクトル、可視紫外吸収スペクトル、立体化学、立体電子効果、高周期典型元素化合物

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

各講義のはじめの10-15分は、前の講義で課した宿題の解説に当てる。つづいて、授業計画にある内容を説明し、いくつかの演習問題を課す。最後の10分程度で、演習問題の解き方を解説をする。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 核磁気共鳴:原理 講義内容に関する演習と宿題
第2回 質量分析法:原理、装置 講義内容に関する演習と宿題
第3回 核磁気共鳴:1H NMRの解析(化学シフト) 講義内容に関する演習と宿題
第4回 質量分析法:スペクトルの読み方 講義内容に関する演習と宿題
第5回 赤外吸収スペクトル、可視紫外吸収スペクトル 講義内容に関する演習と宿題
第6回 核磁気共鳴:1H NMRの解析(スピン結合) 講義内容に関する演習と宿題
第7回 立体電子効果とは何か?実例と電子論的基礎 講義内容に関する演習と宿題
第8回 核磁気共鳴:13C NMRの解析 講義内容に関する演習と宿題
第9回 有機化合物の立体配座に対する効果 講義内容に関する演習と宿題
第10回 核磁気共鳴:NMRによる構造決定 I 講義内容に関する演習と宿題
第11回 有機化合物の反応性に対する効果:置換、付加、脱離反応 講義内容に関する演習と宿題
第12回 核磁気共鳴:二次元NMR  講義内容に関する演習と宿題
第13回 有機化合物の反応性に対する効果:転位反応、電子環状反応、ラジカル反応 講義内容に関する演習と宿題
第14回 核磁気共鳴:NMRと化学交換,立体化学 NMRによる構造決定 II 講義内容に関する演習と宿題
第15回 高周期典型元素化合物の構造と反応性 講義内容に関する演習と宿題

教科書

NMRと質量分析に関しては資料を配布予定。

参考書、講義資料等

有機化合物のスペクトルによる同定法(東京化学同人)、有機化学のためのスペクトル解析法(化学同人)
講義資料はOCW-iで提供する

成績評価の基準及び方法

演習問題のレポートや小テスト(20%)、および期末試験(80%)。

関連する科目

  • CHM.D201 : 有機化学第一
  • CHM.D202 : 有機化学第二
  • CHM.D301 : 有機化学第三
  • CHM.D205 : 有機化学基礎実験
  • CHM.D305 : 有機化学総合実験

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

有機化学第一、有機化学第二、有機化学第三を履修していることが望ましい。

オフィスアワー

講義終了後、またはメールで事前予約し、教員室で質問に応じる。

このページのトップへ