2019年度 物理学先端研究第一   Advanced Research in Physics I

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
物理学コース
担当教員名
陣内 修 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
PHY.P618
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2019年4月3日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

受講学生を他の物理学コースに所属する研究室の論文輪講などに参加させ,発表・討論を行わせる。
受講生は自分の専門分野以外のテーマに触れ,さらに自分の研究テーマに関係した論文などを近隣分野の研究者の前で発表する。

この研究交流を通じて,物理分野全体を俯瞰的にとらえるセンスを養うと同時に,自分の専門テーマを客観的に捉え直す機会を与える。

到達目標

交流先の研究室の分野を理解する。また自分の研究テーマを発表し理解してもらう。
物理学分野全体を俯瞰的に捉える、また自分の専門分野を客観的に捉え直してみる。

キーワード

研究交流、研究討論、論文輪講、分野間交流

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - - -

授業の進め方

受講生は交流会の計画を立案し,規定の申請書を作成する。申請書を審査し採択された場合に,実現に向けて支援を行う。交流先は学内に限らず他大学の物理学系研究室でもよい。交流会後は,得られた知見をまとめたレポートを作成し提出する。
こちらのページの指示に従うこと。http://info.phys.sci.titech.ac.jp/leadership/application.html

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 受講生は交流会の計画を立案し,規定の申請書を作成する。申請書を審査し採択された場合に,実現に向けて支援を行う。 交流会後は,得られた知見をまとめたレポートを作成し提出する。

教科書

特に指定しない。

参考書、講義資料等

特に指定しない。

成績評価の基準及び方法

交流会終了後のレポートをもとに評価する。

関連する科目

  • PHY.P619 : 物理学先端研究第二
  • PHY.P620 : 物理学先端研究第三

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件を設けない。

このページのトップへ