2019年度 物理学海外留学研究第二   Overseas Visiting Research in Physics II

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
物理学コース
担当教員名
村上 修一 
授業形態
演習
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
-
科目コード
PHY.P616
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2019年5月9日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

学生を原則2週間以上海外に派遣し,海外の大学,研究機関等で開催される研究遂行能力取得を目的としたプログラムなどへの参加を通して
最先端研究および国際的研究動向を学修させる。
この派遣を通して,参加している海外の学生と切磋琢磨することにより国際的視野とセンスを養うことを目的とする。

到達目標

最先端研究および国際的研究動向を学修する。例として、海外の大学,研究所主催のサマースクール等へ
参加する、海外の研究者による新しい研究手法の教授を受ける,などが挙げられる。

キーワード

海外派遣、サマースクール参加、最先端研究体験、国際的教養力、

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

受講生は,海外での学習計画を立案し,規定の申請書を作成する。提出された申請内容の審査により,派遣が決定される。
派遣中は,講義の受講だけでなく,他の学生と博士論文研究等の討論を積極的に行う。帰国後,現地で学習した
内容に関するレポートを作成する。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 海外での学習計画を立案し,規定の申請書を作成する。 派遣中は,講義を受講する。また海外の研究者から新しい 研究手法などの教授を積極的に受ける。 他の学生と博士論文研究等の討論を積極的に行う 現地で学習した内容をレポートにまとめる

教科書

特に指定しない。

参考書、講義資料等

特に指定しない。

成績評価の基準及び方法

派遣終了後のレポートをもとに評価する。

関連する科目

  • PHY.P615 : 物理学海外留学研究第一
  • PHY.P617 : 物理学海外留学研究第三

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件を設けない。

このページのトップへ