2016年度 物理学プレゼンテーション基礎   Basic Presentation in Physics

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
物理学コース
担当教員名
SHI JIE 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
木5-6(H115)  
クラス
-
科目コード
PHY.P411
単位数
2
開講年度
2016年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2016年4月27日
講義資料更新日
-
使用言語
英語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

この授業は、学生が英語での学術発表における基礎レベルの技能を身につけることを目的とする。
特にフォーマル及びインフォーマルの場でプレゼンテーションの経験が少ない学生を対象とする。
この授業は次のように進める:

(1) 公開及び社交の場での基本的なコミュニケーション能力:
自己紹介、即席スピーチなどの短かい発言、国際的な研究者及び研究室の外国研究者・学生とのコミュニケーションなどのスキル
(2) 基本的な学術発表スキル:
実験の説明、定義の定め方、グループディスカッション、ポスター発表、電子ファイル(PPT)を用いる発表、質疑応答などのスキル

授業中の学生同士及び学生と教員間の交流を通して、英語での学術発表と社交的なコミュニケーション能力を身につけるとともに、共同学習能力の向上を期待できる。

到達目標

この授業を通して学生は各自の現状に応じて以下の場面における改善を達成する:
(1) 短かい自己紹介、個人研究の紹介
(2) 3-5分間の社交及び研究話題についての即席スピーチ
(3) 学内及び研究室で、海外からの研究者・留学生とアカデミックまたは日常的な話題において英語での交流
(4) 英語での実験の説明、定義の定め方、指示・指導の基本表現とスキルの理解
(5) 小人数のグループにおいてのディスカッション能力
(6) 短いポスター発表と発表後の質疑応答への参加(電子ファイルを使用する発表も可能)

キーワード

ベーシック発表スキル、ショートスピーチ、グループディスカッション、ポスター発表、質疑応答

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

授業を四段階に分ける:レビュー、オリエンテーション・ウォーミングアップ、レクチャー・指導つき練習、独自での練習と応用。各段階での学生の積極的な参加が期待される。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ガイダンス、自己紹介、アイスブレキング、授業の概説、事前アンケート 即席スピーチの資料を読む、次週の即席スピーチを準備する。
第2回 即席スピーチ1:社交的話題 学内で海外からの研究者との英語でのコミュニケーションをする際の問題点を考える。
第3回 即席スピーチ2:現在進んでいる研究説明、専門用語、必要な表現
第4回 学内で海外からの研究者との交流:インターパーソナルコミュニケーション 学内で海外からの研究者との英語でのコミュニケーションをする際の問題点を考える。
第5回 学内で海外からの研究者との交流:異文化コミュニケーション 実験と研究の説明の準備
第6回 専門用語、概念、理論の定義と説明(ベーシック物理学ライティングのレビュー) 書面英語と口頭英語の違いを見つかる。前期ライティング授業との内容とリンクする。
第7回 実験の説明(ベーシック物理学ライティングのレビュー)
第8回 グループディスカッションスキル:情報共有に向け必要となる表現など プリントを読んで、フォマール学術発表の構造、概要及び特徴を理解する。
第9回 グループディスカッションスキル:意見交換・議論において必要となる表現など 次週の授業のために研究発表或いは研究室用のポスターを研究室で用意する。
第10回 一般的なフォーマル学術発表タイプ及び構造(ジャンルー知識) 次週の授業に持参する国際会議向けポスターを用意する。
第11回 ポスター発表の特徴分析 ポスター発表の問題資料を読む、理解する。ポスター発表のリハーサル、次週の授業に持参するPPTファイルを用意する。
第12回 ポスター発表の練習 ポスター発表の練習
第13回 ポスター発表 次週の授業に持参する研究発表用電子ファイル(PPT)を用意する。
第14回 電子ファイル(PPT)を用いての発表とスライド作成の特徴と分析
第15回 電子ファイル(PPT)を用いての発表の練習、授業アンケート

教科書

なし

参考書、講義資料等

授業で通知する。

成績評価の基準及び方法

この授業は高い出席率が要求される。また授業中の積極的な参加が期待される。創造的な英語の学習・応用及び批判的な思考力は高く評価される。共同学習(Cooperative Learning)理論に基づく教授法を取り入れているため、学生同士間の共同活動が多数ある。授業中の学生の参加度及び学生同士の学習のためのコラボレーション努力も評価される。
授業の出席、態度、パーフォメンス、コラボレーション努力:30%
発表:50%
宿題:20%
(学生の自己評価とピア評価も配慮される)

関連する科目

  • PHY.P611 : 物理学プレゼンテーション発展

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

なし

このページのトップへ