2017年度 解析学特論F1   Advanced topics in Analysis F1

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
数学コース
担当教員名
志賀 啓成  田辺 正晴 
授業形態
講義
曜日・時限(講義室)
火5-6(H119A)  
クラス
-
科目コード
MTH.C506
単位数
1
開講年度
2017年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2017年3月17日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

本講義は1Q「解析学特論E1」の続きである。リーマン面とは、実2次元の多様体でありかつ座標変換が正則写像で与えられるもののことである。等角同値なリーマン面の類全体から成る集合に、幾何学的な構造を与えたものをモジュライ空間という。タイヒミュラー空間は、モジュライ空間の普遍被覆であり各点は標識付けられたリーマン面の同値類から成っている。Ahlforsはタイヒミュラー空間に初めて複素構造を導入した。本講義ではAhlforsの手法を見て行く。
そのために、擬等角写像、タイヒミュラーの定理等について扱う。

到達目標

擬等角写像の扱いを身につける。
タイヒミュラーの定理について理解する。
タイヒミュラー空間に複素構造を導入したAhlforsの手法を理解する。

キーワード

リーマン面、モジュライ空間、タイヒミュラー空間

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力

授業の進め方

通常の講義形式で行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 タイヒミュラー空間 講義中に指示する。
第2回 擬等角写像
第3回 タイヒミュラー距離
第4回 タイヒミュラーモジュラー群
第5回 正則二次微分
第6回 タイヒミュラーの定理
第7回 Ahlforsの手法I
第8回 Ahlforsの手法II

教科書

特になし

参考書、講義資料等

H. M. Farkas and I. Kra, Riemann surfaces, GTM 71, Springer-Verlag
今吉洋一、谷口雅彦、タイヒミュラー空間論、日本評論社
L. V. Ahlfors, The complex analytic structure of the space of closed Riemann surfaces. In Rolf Nevanlinna et. al., editor, Analytic Functions, pages 45-66. Princeton University Press, 1960.

成績評価の基準及び方法

レポート課題

関連する科目

  • MTH.C301 : 複素解析第一
  • MTH.C302 : 複素解析第二
  • MTH.C505 : 解析学特論E1

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

なし

このページのトップへ