2020年度 科学・技術の創造プロセス【理学院】   Processes for creation in science and technology【School of Science】

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
理学院
担当教員名
小松 隆之  藤川 英華  KELLY SHANE ANDREW  野坂 武史  齋藤 晋  伊藤 克司  平山 博之  谷津 陽一  西田 祐介  宗宮 健太郎  藤岡 宏之  宗片 比呂夫  田中 秀数  河合 誠之  大熊 哲  山崎 優一  大森 建  前田 和彦  沖本 洋一  川口 博之  小野 公輔  中島 淳一  井田 茂  小川 康雄  上野 雄一郎  奥住 聡  横山 哲也 
授業形態
講義
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
火5-6(H121)  
クラス
-
科目コード
XIP.P101
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2020年3月24日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

本講義は,初回の「理学院学生交流会」ののち,残りの6回を二つのラウンドに分け,数学系,物理学系,化学系,地球惑星科学系の4つの系にクラス分けし,各系での少人数を対象とした講義,セミナー等の実地体験をする.自分で考えること,教員と学生,学生同士で対話,議論することを重視する.また学問をするというのはどういうことかを考える機会とする.さらには将来の進路を考える機会ともする.

到達目標

1) 理学院の各系で実施されている研究を実地体験する.
2) 2年次に進学する際の進路選択の情報を得る.

実務経験のある教員等による授業科目等

-

キーワード

数学,物理学,化学,地球惑星科学

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

本講義は初回の「理学院学生交流会」と,その後の「第1ラウンド・第2ラウンド(4つの系にクラス分けし実地体験)」で構成する.クラス分けのため初回に第1・2ラウンド受講希望調査を行う.

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ガイダンスと理学院学生交流会 学生同士で交流する.
第2回 第1ラウンド(第1回) 各系に分かれて研究を体験する.
第3回 第1ラウンド(第2回) 各系に分かれて研究を体験する.
第4回 第1ラウンド(第3回) 各系に分かれて研究を体験する.
第5回 第2ラウンド(第1回) 各系に分かれて研究を体験する.
第6回 第2ラウンド(第2回) 各系に分かれて研究を体験する.
第7回 第2ラウンド(第3回) 各系に分かれて研究を体験する.

教科書

特になし

参考書、講義資料等

特になし

成績評価の基準及び方法

レポートにより評価.

関連する科目

  • XIP.A101 : 理学院リテラシ

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

理学院に属する学生であること.さらに「理学院リテラシ」を受講していることが極めて望ましい.

その他

すでに旧「理学セミナー」および「科学・技術の創造プロセス【1類】」の単位を修得した学生は,本科目の履修登録はできない.

このページのトップへ