2020年度 図形科学とCG2 B   Descriptive Geometry & Computer Graphics2 B

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
理工系教養科目
担当教員名
岩附 信行  菅原 雄介  早川 朋久  鈴木 左文  渡辺 義浩  木村 仁  池田 生馬 
授業形態
講義 / 演習
メディア利用
Zoom
曜日・時限(講義室)
木7-8(W541)  
クラス
B
科目コード
LAS.D104
単位数
1
開講年度
2020年度
開講クォーター
4Q
シラバス更新日
2020年9月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

本授業は,「図形科学とCG1」と併せて,立体図形の表現手法ならびに図形の数理を学び,コンピュータグラフィクスの基本原理を修得する.講義による解説後,フリーハンドによる作図またはコンピュータによる演習を行い,三次元立体の表現と工学解析への応用について理解する.特に「図形科学とCG2」では,三次元立体を多面体または補間関数を用いて表現する手法,座標変換手法,図形と光と影について学ぶ.

到達目標

立体図形のさまざまな表現について理解して,座標変換,図形と光と影などの図形処理に応用することができる.

キーワード

3次元立体,多面体,補間関数,座標変換,図形の変形,図形と光と影

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

講義と手描き作図またはコンピュータ演習を行う

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 多面体による曲面の表現 三角形メッシング,自動メッシング手法とその課題,等高線図の作成,有限要素法による工学解析
第2回 補間関数による立体形状表現(1) ラグランジュ補間,スプライン補間
第3回 補間関数による立体形状表現(2) パラメトリックスプライン曲線,ベジエ曲線,ベジエ曲面
第4回 座標変換 種々の座標系間の変換と回転による座標変換と立体の姿勢
第5回 三次元立体の変換 種々の座標系間の変換と回転による座標変換と立体の姿勢およびスケール変換,せん断変換,非均一変換
第6回 図形と光と影(1) 陰線・陰面の消去,陰影の付与
第7回 図形と光と影(2) 反射・屈折の表現

授業時間外学修(予習・復習等)

学修効果を上げるため,教科書や配布資料等の該当箇所を参照し,「毎授業」授業内容に関する予習と復習(課題含む)をそれぞれ概ね100分を目安に行うこと。

教科書

テキスト「図形科学とコンピュータ援用図形処理」(「図形科学とCG1」で使用するものと同じ)ならびにその他講義資料をOCW-iにより電子ファイルにて配布するので,授業前にダウンロードしておくこと.

参考書、講義資料等

講義中に参考書を指示することがある

成績評価の基準及び方法

演習における小テストの成績(40%)と宿題の成績(60%)で成績を算出する

関連する科目

  • LAS.D103 : 図形科学とCG1

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

図形科学とCG1を履修しておくのが望ましい

その他

(1)授業設備の点から,A,Bの2クラスに分けて曜日を変えて開講する.各クラスの受講生は最大170名とする.
(2)本授業科目は講義,演習を統合した科目であり,出席することを原則とする.
(3)本授業科目全般に関する問い合わせは,岩附教授が対応する.

このページのトップへ