2019年度 宇宙地球科学基礎ラボ(地球物質) A   Earth and Space Sciences, Laboratory and Field Studies (earth materials) A

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
理工系教養科目
担当教員名
羽場 麻希子  中島 淳一  横山 哲也  上野 雄一郎  太田 健二  石川 晃  東 真太郎 
授業形態
曜日・時限(講義室)
集中講義等   
クラス
A
科目コード
LAS.A111
単位数
1
開講年度
2019年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2019年3月18日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

9月上旬に2泊3日の野外実習に出かけ、火山・活断層などにつき実地で観察・学習する。
本講義のねらいは、宇宙地球科学における野外実験や野外観測、地質調査の手法を体験し理解を深めることである。

到達目標

火山学、天文学に関する大型研究施設や博物館などの見学を行い、宇宙地球科学に関して幅広く学ぶこと目的とする。

キーワード

火山,断層,褶曲,天文台,地震

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- -

授業の進め方

9月上旬に2泊3日の野外巡検に出かける。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 講義の説明会を以下の日程で実施する。 第1回目 4/10(水)12:30-13:00、第2回目 4/12 (金) 12:30-13:00。 場所は南5号館1階112実験室。参加希望者はいずれかの説明会に参加し、参加申し込み書を受け取ること。 巡検内容を理解する

教科書

特になし

参考書、講義資料等

特になし

成績評価の基準及び方法

レポートと授業中の取り組みの様子による。

関連する科目

  • LAS.A110 : 宇宙地球科学基礎ラボ(地球物理)
  • LAS.A112 : 宇宙地球科学基礎ラボ(天文宇宙)

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

参加希望者は4月10日または12日の説明会に必ず出席し、参加申し込み書を受け取ること。参加申し込み書は4月19日までに提出し、同時に履修申告を行うこと。さらに、5月上旬に開催される巡検説明会に参加すること。
どうしても上記の説明会に参加できない場合は 地球惑星科学系 石川 までお知らせ下さい。

その他

宇宙地球科学の研究においては、観測がとても重要です。
今回は、火山や活断層などの重要な地質体、さらには天文学に関する大型実験施設を見学する絶好のチャンスです。好奇心旺盛な学生の参加を期待します。
野外実習のキャンセルについて
7月以降に参加を取りやめた場合、バス代(バス費用を参加者数で除した金額)およびそれまでにかかった経費(宿泊予約金など)を差し引いた額を返金します。

このページのトップへ