2018年度 物理学実験第二 Tu   Physics Experiment II Tu

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
理工系教養科目
担当教員名
河合 誠之  金森 英人  森竹 勇斗  陣内 修  栗田 伸之  谷城 康眞  秦 徳郎 
授業形態
曜日・時限(講義室)
火7-10(西2号館教養科目物理学実験室)  
クラス
Tu
科目コード
LAS.P108
単位数
1
開講年度
2018年度
開講クォーター
3-4Q
シラバス更新日
2018年3月20日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング

講義の概要とねらい

 本実験では,電磁気学,電気回路,原子物理学に関する初歩的実験を行う。
 本実験では,物理現象を実験で確かめるとともに,物理学で用いられる実験技術,コンピューターを用いる計測とデータ解析,およびレポート作成のポイントを学ぶ。

到達目標

 本実験を履修することにより,以下の知識と能力を修得する。
1) 実験原理と方法を理解できる。
2) 各種実験装置を使いこなすことが出来る。
3) 実験データの解析ができる。
4) 簡潔明瞭な実験レポートの作成ができる。

キーワード

電気抵抗,熱起電力,磁気エネルギー,等電位線,交流回路,増幅器,β線,電子の比電荷,プランク定数

学生が身につける力

国際的教養力 コミュニケーション力 専門力 課題設定力 実践力または解決力
- - -

授業の進め方

 本実験は隔週で,物理学演習第二と交互に行う。学生は与えられたテーマの実験を行い,結果をまとめる。実験は原則2人1組で行う。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 ガイダンス
第2回 2回目以降は以下の7テーマの実験をサイクリックに行う。 1. 電気抵抗 テキストをあらかじめ読み,実験手順を理解しておく。
第3回 2. 熱起電力 テキストをあらかじめ読み,実験手順を理解しておく。
第4回 3. 磁気エネルギー,または等電位線 テキストをあらかじめ読み,実験手順を理解しておく。
第5回 4. 交流回路と共振 テキストをあらかじめ読み,実験手順を理解しておく。
第6回 5. 増幅器の周波数特性 テキストをあらかじめ読み,実験手順を理解しておく。
第7回 6. 物質によるβ線の吸収 テキストをあらかじめ読み,実験手順を理解しておく。
第8回 7. 電子の比電荷,またはプランク定数 テキストをあらかじめ読み,実験手順を理解しておく。

教科書

垣本史雄,江間健司編:基礎物理学実験,東京教学社

参考書、講義資料等

特になし

成績評価の基準及び方法

実験状況,レポート,出席で評価する。

関連する科目

  • 電磁気学基礎1
  • 電磁気学基礎2

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

履修の条件を設けない。

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

菊地俊行 (kikuchi[at]phys.titech.ac.jp, 2464)

オフィスアワー

メールで事前予約すること。

このページのトップへ