2021年度 ウェルネス実習 B(集中)   Wellness Exercise B(集中)

文字サイズ 

アップデートお知らせメールへ登録 お気に入り講義リストに追加
開講元
広域教養科目
担当教員名
石川 国広 
授業形態
   (対面)
曜日・時限(講義室)
集中講義等 (屋内運動場(グラウンド・テニスコート))  
クラス
B(集中)
科目コード
LAW.W121
単位数
1
開講年度
2021年度
開講クォーター
2Q
シラバス更新日
2021年3月25日
講義資料更新日
-
使用言語
日本語
アクセスランキング
media

講義の概要とねらい

【ゴルフでディープ・アクティブラーニングを】

  (1)「生涯にわたってゴルフを楽しむ」ための基礎となる知識・技能・態度について学び、実際にコースに出て実践経験を積む。
          * 「より本物の体験」、「頭・身体・心を使う体験」、知識・情報・イメージを「パフォーマンス」へ

  (2)合宿形式の集団生活を通して、人間関係スキルやコミュニケーション能力の向上を図る。
          * 「互いに目標」を持って交流 → 相互向上のための「意識の共有」と「学びの場の共創」へ

  (3)自然環境での生活体験から、調和のとれた自然観を涵養する。
          * 自然の「素晴らしさ・偉大さ」の一方で「脅威」となる場合も →「畏敬の念」「謙虚さ」

   → これらの学びから、「自らを高める体験」「場を活性化する体験」を蓄積し、「メンタルヘルスの保持・増進」「創造性の育成」を目指す。

到達目標

本授業では、ウェルネス維持のために「心身を調和させる活動」が非常に有用であることを「実践的に理解する」ことを目標とする。対授業を通して、生活習慣および運動習慣の再調整、コミュニケーション能力の向上、メンタルヘルスの保持増進を目指す。具体的には、以下のようなテーマについて学習する。
1)制約条件下での安全なウェルネス実践の具体的な方法
2)ウェルネス維持を目的とした活動の歴史的・文化的側面・効能などの総合的理解
3)長く親しめるウェルネス実践の探求・発見

キーワード

スポーツ、健康、ウエルネス

学生が身につける力(ディグリー・ポリシー)

専門力 教養力 コミュニケーション力 展開力(探究力又は設定力) 展開力(実践力又は解決力)

授業の進め方

オンライン授業・対面授業の実施については、大学の実施方針に沿って行います(例:午前中はオンライン授業、午後は対面授業など)。授業の実施方法は、変更になる場合がありますので、大学の教務課・ウェルネスのホームページ等を定期的にチェックするようにして下さい。
種目によっては、参加人数を制限する場合があります。

授業計画・課題

  授業計画 課題
第1回 学内講義(2コマ程度) ①ガイダンス&オリエンテーション  ②ゴルフについて:歴史・ルール等  ③スイングについて:スイング動作の解説 授業の目的やねらいを理解し、ゴルフの基礎知識を学ぶ。
第2回 1日目 午後  ・ゴルフ場についての説明(クラブハウス・コース・その他の施設等の説明)と使用に関する注意事項 / ・パター練習 アプローチ練習 ショット練習 / 3~4Hのラウンド / 1日目の振り返り ゴルフ場の利用、ルールやマナー、練習、ラウンド等の方法の理解と実践(1)
第3回 2日目 午前  ・パター練習 アプローチ練習 ショット練習 / 9Hラウンド (ベストボール) ゴルフ場の利用、ルールやマナー、練習、ラウンド等の方法の理解と実践(2)
第4回 2日目 午後  ・9Hラウンド (ベストボールによるチーム戦) / ・2日目の振り返り / ・スポーツマンシップについて考える ゴルフ場の利用、ルールやマナー、練習、ラウンド等の方法の理解と実践(3)
第5回 3日目 午前  ・パター練習 アプローチ練習 ショット練習 / ・9Hラウンド (1人1球によるラウンド 1Hの制限時間を設ける) ゴルフ場の利用、ルールやマナー、練習、ラウンド等の方法の理解と実践(4)
第6回 3日目 午後  ・9Hラウンド (1人1球によるラウンド 上限をホールスコアの3倍まで) / ・3日目の振り返り ゴルフ場の利用、ルールやマナー、練習、ラウンド等の方法の理解と実践(5)
第7回 4日目 午前  ・パター練習 アプローチ練習 ショット練習 / ・18H 個人戦 競技 ゴルフ場の利用、ルールやマナー、練習、ラウンド等の方法の理解と実践(6)

教科書

適宜資料を配布します。

参考書、講義資料等

適宜資料を配布します。

成績評価の基準及び方法

出席点(40%)、実践点(20%)、理解点(20%)、課題点(20%)を目安として評価します。

関連する科目

  • LAW.W221 : 生涯スポーツ実習
  • LAW.W320 : トータル・ウェルネス実習
  • LAW.W101 : 健康科学概論
  • LAW.W111 : 健康科学演習
  • LAH.T211 : 教養特論:身体教養科学

履修の条件(知識・技能・履修済科目等)

特になし
開講種目については、www.wn.ila.titech.ac.jpに掲載してあります。
履修方法についてはwww.wn.ila.titech.ac.jpに掲載してある「実習科目履修手続フローチャート」を参照にして下さい。

連絡先(メール、電話番号)    ※”[at]”を”@”(半角)に変換してください。

ishikawa[at]xxx.titech.ac.jp
xxxをilaに置き換えてメールを送って下さい。

オフィスアワー

事前にE-mailで連絡をすること。

コロナの状況により、大幅に内容が変更になる場合があります。
そのため、履修対象は、ゴルフコースでのプレー経験者、クラブ活動等での経験者とします。
ゴルフをプレーするのにふさわしい服装、シューズを各自用意してください。

その他

必要な用具・服装等については、各授業ごとに異なりますので、1回目のガイダンスでの指示に従って下さい。

このページのトップへ